選ばれる理由

1.新薬と漢方

いったい、薬が効くと言うことはどんなことでしょうか。痛みや 熱がなくなることは、
確かに薬が効いていることは間違いありません。
しかし、その薬の効き目がなくなれば再び痛んだり発熱するようでは、
病気を一時的に押 さえただけで、病気そのものを治療したとは申せません。
新薬には、こうして一時的に病気を押さえる種類のものが多いです。
その点、漢方は根本的に違って来ます。
漢方は食事療法針灸指圧マッサージなどを併用しながら、
身体そのものから治して、病気を完全に追い出すのが目的です。
ですから、場合によっては、漢方薬を飲んだため一時的に熱が高まったり、
痛みが増加することがありますが、これは病気との戦いであって、
これによって、病魔を追い出そうとする兆候ですから、致し方ないのです。
漢方薬は昔から薄紙を剥がすように良くなると言われています。
例外もありますが、飲んで、直ぐ効くようでは病気を追い出すことはできず、
ある程度の日時がかかるのは当然なことです。

2.体力のこと

何病にかかわらず、病にかかると言うことは、
その人の体力が病気に負けるような状態にあるからです。
同じ食べ物でも、中毒にかかる人と何ともない人がいたり、
同じ寒い環境に長時間いても、風邪を引く人と元気な人がいることを見ても、
体力(免疫力)が大切であると言えます。し たがって、病気に冒された人は、
病気に勝つ体力を養う必要があります。浴びるほど薬を飲むより、
選別して的確に飲む方が良いと言われています。

3.生薬のこと

漢方薬に効き目があるという事は、材料に草根木皮を用いているからです。
牛、馬など、あるいは象であっても、すべて草根木皮を食べて生きている のです。
草根木皮には、人間の生命にとって貴重で無くてはならないものが
含まれているのです。漢方と言えば、草根木皮で、草根木皮とは生薬(生きた薬)
であると言うのが一般的です。漢方薬の原料の中には、
果実、種子や動物性のものとか鉱物などが
含まれているところから生薬と呼ばれています。
また、自然のままの姿だからこそ、霊妙な効果を発揮するのでしょう。

4.漢方薬と副作用

漢方薬が安心して服用できる一つに、副作用がほとんど無いということが大きな特徴です。
しかし、漢方と言えども症状に会わない薬を飲んだり、間違った作り方をしたり、
無茶飲みをすると一時的に副作用は現れます。し かし、一般で言う新薬のように、
量を取り過ぎたり連用すると、たいてい副作用が現れまが、
漢方にはそのような副作用はまったくありません。
副作用がないこ との理由は、生薬の中に含まれている各種の複雑な成分が互いに作用し、
一つの成分だけが特別激しく出ないように、自然にコントロールされているからです。

5.漢方薬と現代医学

漢方薬と現代医学と比較すると、漢方薬には絶対乗り越えられない弱点があります。病気の
診断面においていも、現代医学の科学的な方法には太刀打ちができません。病源を極め病
巣をつく点でも高度の技術があり、検査方などは目を見張るほどの技術向上があります。現
代医学は局所の病気に対しての治療は得意で、体全体から病気を追い出すと言う点では不
十分です。また、慢性病など、原因のハッキリしない病気に対しては苦手なようです。漢方
薬は、ジワジワと全体から病気を追い出すので、漢方薬の良さを多くの人が認めるところと
なっています。

6.漢方薬はどんな病気に効くのか

漢方薬は、どんな病気に対しても効果はありますが、その中で得意な分野があります。
慢性の病気、機能的な病気、神経性の病気で一つだけの病名に決められない もの、
循環障害が原因で起きる病気、気候の変化が原因で起きる病気、体質的な病気、老化
現象、婦人病などです

7.診断は現代医学で

現代 医学は、病気の原因を探求して病名を知ったり、病巣を探知する技術は非常に発達しています。 体の具合が悪いときは、現代医学の診断によって、何病であるか 確認することをおすすめします。漢 方薬は万能ではありません。病名さえ確認出来れば、それによって処方を組み立てられるし、食事な どの養生法を考えること ができます。

8.漢方薬と病院のくすり

病院のくすりと併用しても差し支えないもので、むしろ、新薬の効果を高めたり副作用を
軽減することが多いのです。漢方薬だけに固執しないように、現代医学と協力して治療す
ることが大切です。あなたは何面八面体質論あなたの体質は漢方の豆知識 漢方汎用処
方解説 中国漢方の案内 健康志向コーナー 健康と食べ物サイトにリンクを貼ると自動的
に大手検索エンジンに登録されやすくなります。漢方相談を無料で受け付けております。30
年間漢方に携わってきた当店の店主が直接お客様のお悩み相談を聞かせていただきます。
病気や症状、漢方に関する疑問などお気軽にお問い合せ下さい。

お問い合わせ・ご質問について

当サイトについてのお問い合わせ・ご質問などがありましたら、下記までご連絡ください。

サイト名 シンバシ薬店 ホームページ
運営事業者 シンバシ薬店
統括責任者 木内 義則
住所 〒579-8066 大阪府東大阪市箱殿町9番15号布元マンション1階
TEL 072-984-0955
FAX 072-984-0955
MAIL info@a-kanpou.jp

 

ページ上部へ