唾石、胆石、如路結石を改善する漢方薬相談ページです。 大阪府東大阪市箱殿町9-15 シンバシ薬店

ニューアイリタン 白内障 疲れ目 通販

唾石症 店舗のご案内 ご相談の方法 宅配のご案内 よくあるご質問 個人情報保護


唾石症 胆石 腎臓結石 尿路結石 
唾石症<だせきしょう>とは

尿路結石(にょうろけっせい)や胆石(たんせき)と同様、唾液腺(だえきせん)にも結石が生じます。ほとんどの例は、顎下腺(がくかせん)に起こりますが、少数例は、耳下腺(じかせん)にも生じます。舌下腺(ぜっかせん)に生じることはまれで、小唾液腺に発生することはほとんどありません。                                                                              
唾石症 胆石 腎臓結石 尿路結石  ○原因

 原因は不明ですが、唾液の排出管に入り込んだ異物や細菌などを核として、そのまわりに唾液に含まれるカルシウムが沈着してできると考えられます。治療のため摘出した結石を割ってみると、沈着したカルシウムが年輪のようにみえます。結石のできはじめは当然小さいのですが、自然に排出されないと次第に大きくなっていきます。
○症状

 唾液は唾液腺を構成する無数の腺房というところでつくられます。腺房でつくられた唾液は管を通じて集まり、最終的には1本の管(排出管)に集まり、口のなかに出てきます。多くの場合、結石はこの排出管のなかにできます。

 1本しかない排出管に結石があると、唾液の通過障害が起こります。食事をすると、唾液腺は唾液をつくって口のなかに出そうとしますが、途中の結石のために唾液が口のなかに出ることができず、唾液腺内にたまり、腺そのものが痛みを伴ってはれてきます。酸味の強いものを食べた時などはとくに症状が強く出ます。

 ほとんどの唾石は※顎下腺に生じますが、顎下腺の唾石では左右どちらかの(一度に両側にできることはほとんどない)あごの下が腫れます。耳下腺では耳の前から下のほうが痛みを伴って腫れます。腫れは食事後しばらくするとだんだん取れてきますが、次の食事をするとまた腫れるということを繰り返します。

 この症状は結石の大きさに比例しないことが多く、ごく小さなものでも管の出口を塞ぐと強い症状が出ます。また食事ごとの症状はある時期にひどく出ても、一時的に出なくなることもあります。

 結石が次第に大きくなると、腺そのものの機能が低下し、唾液の分泌が少なくなってしまいます。このようになると、口のなかから細菌が管を通じて入っていき、急性の唾液腺炎を生じることがあります。唾液腺が痛みを伴ってはれ、排出管の存在部位の粘膜が赤くはれて、開口部からは膿がでます。

メールでのご相談もお受けしております。

唾石症 胆石 腎臓結石 尿路結石 

お電話でのご相談をお待ちいたしております。
日曜、祭日は定休日です。
電話:
0120-0955-84

唾石症 胆石 腎臓結石 尿路結石 

FAXでも、ご相談をお受けてしております。
Fax:
072-984-0955

唾石症 胆石 腎臓結石 尿路結石 

携帯でもご相談をお受けてしております
ソフトバンク携帯
080-3456-9393

唾石症のページトップへ