ガン,がん,癌の悩みを改善する漢方薬相談ページです。 大阪府東大阪市箱殿町9-15 シンバシ薬店

ガン が,ん 癌 東大阪市 漢方薬

がん・ガン・癌店舗のご案内 ご相談の方法 宅配のご案内 よくあるご質問 個人情報保護

ガン が,ん 癌 東大阪市 漢方薬

ガン が,ん 癌 東大阪市 漢方薬 ガン が,ん 癌 東大阪市 漢方薬 ガン が,ん 癌 東大阪市 漢方薬
私たちの体内では、毎日ガン細胞が生まれています。しかし、免疫力が十分にあれば、リンパ球がその芽をこまめに取ってくれるので、増殖はしません。

この絶妙なバランスを乱し、ガンを呼び込む体調を作っていくのが、働き過ぎ、心の悩みなどのストレスです。初めはごく微少なガン細胞も、分裂をくり返すうちに、九年ほどで一センチ角ほどになります。ところが、その後の三年間に10回分裂をくり返しましと10センチ角ぐらいの大きさに増殖します。なおガン細胞は低体温を好みます。

心身のストレスは交換神経を緊張させて、白血球中に顆粒球をふやし、リンパ球を減らします。

過剰にふえた顆粒球は、活性酸素を放出して組織を破壊します。破壊された組織には、その後、細胞の分裂、増殖が起こって修復されます。

しかし交換神経の緊張状態が続いて修復がひっきりなしに繰り返されると、細胞核内で細胞増殖を調整している原型ガン遺伝子が異常をきたし、細胞を無限に増殖させるガン遺伝子に変化します。

そのさい、リンパ球が十分に働くことができれば、ガン化した細胞を攻撃してくれますが、交換神経が緊張しているとリンパ球が足りず、力も弱っているため、発ガンを許さざるを得ないわけです。

ちなみに、リンパ球にはキラ-T細胞、NKT細胞、B細胞、NK細胞の四種類のガンを攻撃する細胞があります。

このうちNK細胞はパ-フォリン、NKT細胞はファス分子と呼ばれる物質を放出してガン細胞を破壊しますがパ-フォリン、ファス分子ともに、副交感神経が優位でないと分泌できないのです。

交感神経優位によって発症します主な病気です。活性酸素による組織破壊が起こります。

ガン・胃潰瘍・潰瘍性大腸炎・十二指腸潰瘍・白内障・糖尿病・痛風・甲状腺機能障害など。

①ガン細胞に対しては免疫細胞・直接作用・栄養遮断を考えなければなりません.

○免疫細胞に関してはT細胞が強力であります。

○活性化マクロファージ・ナチュラルキラー細胞の力が必要であります。

○直接作用とはその人に合った食事療法です。興味のある方は「あなたの体質は」へどうぞ。

○栄養遮断とは癌組織が動脈側から、新生血管を作るのを阻止することです。

②細菌感染に関しては食細胞(好中球。マクロファージ・リンパ球・抗原抗体)の活性化が必要です。

③ウイルス感染に関してはキラ-T細胞・ナチュラルキラー細胞・マクロファージの活性化が必要です。

④ストレスで免疫能は落ちます。

①赤血球は3分の1がタンパク質で脾臓で分解して、肝臓で再生されますので肝臓と脾臓が大事になってきます。便秘も大敵で腸内細菌が肺炎などの原因になります。

②肺炎の原因

免疫力が落ちると門脈から、肝臓に腸内細菌が入るそして次ぎに心臓に入ります。

③胸腺・骨髄が弱りますと、白血球の数が減ります。白血球の中に好中球(60%)が存在しますので、当然好中球の数が減ります。

メールでのご相談もお受けしております。

ガン が,ん 癌 東大阪市 漢方薬

お電話でのご相談をお待ちいたしております。
日曜、祭日は定休日です。
電話:
0120-0955-84

ガン が,ん 癌 東大阪市 漢方薬

FAXでも、ご相談をお受けてしております。
Fax:
072-984-0955

ガン が,ん 癌 東大阪市 漢方薬

携帯でもご相談をお受けてしております
ソフトバンク携帯080-3456-9393です。

  がん、癌、がんのPAGETOPへ  がんの辨証へ