ぎっくり腰の悩みを改善する漢方薬相談ページです。 大阪府東大阪市下六万寺町シンバシ薬店

ぎっくり腰 ツムラ 相談無料 東大阪市 漢方薬

ぎっくり腰 店舗のご案内 ご相談の方法 宅配のご案内 よくあるご質問 個人情報保護

ぎっくり腰 ツムラ 相談無料 東大阪市 漢方薬

痛みから解放 ぎっくり腰 ツムラ 相談無料 東大阪市 漢方薬

頭のてっぺんから足の末端まで“痛み”を発しないところはなく、また痛みの伴わない病気は皆無と言ってもいいのではないでしょうか。

漢方治療は、症状特徴から病気の本質をとらえるという治療法であり、症状を取り除くことはその原因をも取り除くことにつながります。

一般的には漢方薬は身体上に現れるどのような痛みに対しても効果を発揮します。いろいろな治療を試みたが効果がほとんど得られず、あるいは同じ治療法を何ヶ月も何年も続けているが、依然として改善が見られないという方、ぜひご相談下さい。

ギックリ腰 

本症は腰痛とともによく見られる症状であり、一般の腰痛よりも腰部の筋肉がさらに極度に緊張したために発生する病症と言っても良いでしょう。

筋肉が緊張しきっているところへ、ちょっとした負担が加わり、筋肉を傷めて発生するものです。重症のものでは腰椎の損傷をまねくこともあります。“ギックリ腰”をよく引き起こす人は、腰部の筋肉がつねに凝っている傾向があります。時にはその凝りが背部の筋肉にまで及んでいるものもあります。

その腰痛が職業病的な原因によって発生するものであれば、そのことが原因ですから、日頃は仕事上で腰に負担をかけないように注意することが最も重要です。

また、“ギックリ腰”の原因である背部や腰部の筋肉の凝りは内臓との関連性がありますので、その点も考慮しなければなりません。

例えば、胃腸の働きに負担がかかりますと、その後背部の筋肉が必ず凝って背部痛を起こすようになりますし、時にはその凝りと痛みが腰部にまで及ぶこともあります。そのほか、腰痛は腎機能異常と関係のあるケースもあります。

治療については、手術を要するような重症のものは別として、たいていのものは漢方薬で治療できます。また、手術を必要とするような重症なものでも、痛みの極めて激しいものでも、手術をせずに漢方薬で治療できた例が沢山あります。

メールでのご相談もお受けしております。

ぎっくり腰 ツムラ 相談無料 東大阪市 漢方薬

お電話でのご相談をお待ちいたしております。
日曜、祭日は定休日です。
電話:
0120-0955-84

ぎっくり腰 ツムラ 相談無料 東大阪市 漢方薬

FAXでも、ご相談をお受けてしております。
Fax:
072-984-0955

ぎっくり腰 ツムラ 相談無料 東大阪市 漢方薬

携帯でもご相談をお受けてしております
ソフトバンク携帯
080-3456-9393です。

   ぎっくり腰のPAGETOPへ