白内障・飛蚊症・活性酸素・水晶体にごりの悩みを改善する漢方薬相談ページです。 大阪府東大阪市箱殿町9-15 シンバシ薬店

白内障 飛蚊症 活性酸素 水晶体にごり

白内障 店舗のご案内 ご相談の方法 宅配のご案内 よくあるご質問 個人情報保護

白内障 飛蚊症 活性酸素 水晶体にごり


メールでのご相談もお受けしております。

]
【瘀血と病気】

 治りにくい慢性の疾患は瘀血と酸素不足と低体温が関係します。人間の細胞は血液が運ぶ酸素や栄養によって生き生きと保たれています。この大切な役割を担っている血液の流れが悪くなると、酸欠や栄養不足となり、内臓や脳まで酸素や栄養が行き届かなくなり、働きが低下していろいろな成人病を引き起こします。

思考力も落ち、モノ忘れも多くなります。皮膚はつやがなくなり、シミやアザができるようになります。さらに、筋肉がこわばり、肩こりや筋肉痛の原因にもなります。瘀血がひどくなると、極端な場合、血管をふさぎ血の流れをとめて、狭心症や脳梗塞をもたらすこともあります。病気が長びくと血流が悪くなり、瘀血が瘀血を生じて、ますます回復が困難になります。

 体温が低くなると血管が収縮し、血行が悪くなって血圧は上昇傾向になります。また、脳梗塞や心筋梗塞などの血栓症や胆石、尿路結石などの「かたまり」を作る病気も発症しやすくなります。水を冷やすと氷になるように、すべての物体は冷やすと硬くなります。

白内障の治療に必要なビタミン・ミネラルはタンパク、A、E,B2、B5、B12、コリン、C、P、Ca、Ci、Seです。

白内障・緑内障の原因は肝血虚と腎陰虚です。詳しくは肝の臓腑弁証と腎臓腑弁証をご覧下さい。

白内障は主に加齢によって「水晶体」が濁ってくる。
原因は薬物の副作用、活性酸素など。活性酸素は水晶体の蛋白質を酸化して化学変化して水晶体が白く濁ります。
抗酸化物質は年齢とともに衰えます。
白内障からの症状に頭痛、肩こり、認知症などがあります。肩こり、血行不良は目の老化を早めます。肝臓強化にアミノ酸・スクアレンをおすすめします。
白内障 飛蚊症 活性酸素 水晶体にごり
白内障の種類

先天性白内障・・・・生まれつきすでにある白内障
併発白内障・・・・・・ぶどう膜炎などの眼の疾患にともなって起こる白内障
糖尿病性白内障・・糖尿病が原因で起こる白内障
ステロイド白内障・・副腎皮質ホルモンの副作用で起こる白内障
外傷性白内障・・・・眼を強くぶつけたり、水晶体を傷つけたりした時に起こる白内障
放射線白内障・・・・放射線を眼にうけた影響で白内障になったとき
アトピー性皮膚炎にともなう白内障・・・網膜剥離にも要注意

ここではよくみられます老人性白内障についてご説明致します。

老人性白内障・・・・老齢以外、原因がみつからない白内障

老人性白内障の症状と進行

①かすむ

②明るいところでは、まぶしくてかえって見づらい

③最近老眼鏡がなくても新聞が読めるようになった

水晶体は、子供の頃、「まわりに透明な袋(水晶体嚢)」があって、中には同じような「透明な葛湯(水晶体質)」のようなものが入っており、この水晶体質は30~40代と年をとるにつれて、中心のほうからしだいに、ひとつのややしっかりした「塊」をつくりはじめ50~60才になると「水晶体全体」がひとつの塊になります。その状態は、オブラ-トに包まれた飴に似ています。

初発は飛蚊症、多視症、差明、眼精疲労などで、この各種症状がひいては薬物治療および一般療法の対象となります。
メールでのご相談もお受けしております。

白内障 飛蚊症 活性酸素 水晶体にごり

お電話でのご相談をお待ちいたしております。
日曜、祭日は定休日です。
電話:
0120-0955-84

白内障 飛蚊症 活性酸素 水晶体にごり

FAXでも、ご相談をお受けてしております。
Fax:
072-984-0955

白内障 飛蚊症 活性酸素 水晶体にごり

携帯でもご相談をお受けてしております
ソフトバンク携帯
080-3456-9393です。

  白内障のPAGETOPへ