飛蚊症、加齢黄斑変性症、網膜症でお悩みの方の治療法と改善法 大阪府東大阪市箱殿町9-15 シンバシ薬店

飛蚊症 網膜剥離 糖尿病 眼底出血

飛蚊症 網膜剥離 糖尿病 眼底出血

飛蚊症 店舗のご案内 ご相談の方法 宅配のご案内 よくあるご質問 個人情報保護
メールでのご相談もお受けしております。

治りにくい慢性の疾患は瘀血と酸素不足と低体温が関係します。人間の細胞は血液が運ぶ酸素や栄養によって生き生きと保たれています。この大切な役割を担っている血液の流れが悪くなると、酸欠や栄養不足となり、内臓や脳まで酸素や栄養が行き届かなくなり、働きが低下していろいろな成人病を引き起こします。 

思考力も落ち、モノ忘れも多くなります。皮膚はつやがなくなり、シミやアザができるようになります。さらに、筋肉がこわばり、肩こりや筋肉痛の原因にもなります。瘀血がひどくなると、極端な場合、血管をふさぎ血の流れをとめて、狭心症や脳梗塞をもたらすこともあります。病気が長びくと血流が悪くなり、瘀血が瘀血を生じて、ますます回復が困難になります。 

 体温が低くなると血管が収縮し、血行が悪くなって血圧は上昇傾向になります。また、脳梗塞や心筋梗塞などの血栓症や胆石、尿路結石などの「かたまり」を作る病気も発症しやすくなります。水を冷やすと氷になるように、すべての物体は冷やすと硬くなります。

飛蚊症?目の硝子体という部分の加齢による変化で起こる.

肩こり・血行不良は目の老化を早めます。肝臓強化にアミノ酸・スクアレンをおすすめします。明るいところや白い壁、青空などを見つめたとき、目の前に糸くずのような、あるいは蚊やゴミのようなまたは雲のような「浮遊物」が飛んでいるように見えることがあります。

原因:糖尿病による眼底出血・活性酸素の発生で硝子体の老化。硝子体99%水ですが弾力性のゲル状を保つためコラーゲンが含まれています。活性酸素はそれを単なる水にしてしまいます。酸素毒を取り除きましよう。
飛蚊症を放置しますと網膜裂孔・網膜剥離と進みます。

飛蚊症 網膜剥離 糖尿病 眼底出血

あわ粒のようにみえるときもあれば、丸い輪のように見えることもあります。この「浮遊物」は、視線を動かしても一緒に移動し、まばたきをしても目をこすっても消えません。ほとんどの場合には黒く見えますが、半透明のこともあれば、稀に色が付くこともあります。数もひとつだったり、ときに複数だったりもします。暗いところや「浮遊物」と同じ色を見ているときには気になりません。こうした症状を「飛蚊症」といいます。

「高齢者の飛蚊症は、ほとんど老化現象!なんと、近視の人にも同様の現象!」

歳をとると硝子体はゼリー状から液状に変化し、硝子体は次第に収縮して網膜から剥がれます(硝子体剥離)。このような変化が飛蚊症の症状をもたらしますが、髪が白髪になるのと同じようなもので、自然な現象です。また、若い人でも強度の近視の場合には、この硝子体剥離が早期に起こりやすく、しばしば飛蚊症の訴えがあります

メールでのご相談もお受けしております。

飛蚊症 網膜剥離 糖尿病 眼底出血

お電話でのご相談をお待ちいたしております。
日曜、祭日は定休日です。
電話:
0120-0955-84

飛蚊症 網膜剥離 糖尿病 眼底出血

FAXでも、ご相談をお受けてしております。
Fax:
072-984-0955

飛蚊症 網膜剥離 糖尿病 眼底出血

携帯でもご相談をお受けてしております
ソフトバンク携帯080-3456-9393です。

飛蚊症のページトップへ