冷え性,漢方薬、足・手が冷たい、つる、腹が冷たい、小便近い、色白、低体温

冷え性,漢方薬、足・手が冷たい、つる、腹が冷たい、小便近い、色白、低体温

冷え性,漢方薬、足・手が冷たい、つる、腹が冷たい、小便近い、色白、低体温

冷え性  低体温 小便近い 色白 冷え症の分類 店舗のご案内 ご相談の方法 宅配のご案内 よくあるご質問 個人情報保護


冷え性,漢方薬、足・手が冷たい、つる、腹が冷たい、小便近い、色白、低体温

メールでのご相談もお受けしております。
冷え症の治療に必要なビタミン・ミネラルはタンパク、E、B1、B3、B5、C、Na、Fe、Iです。 
冷やしちゃダメ・低体温35.0度~36.5度C


                                   【瘀血と病気】
 

治りにくい慢性の疾患は瘀血と酸素不足と低体温が関係します。人間の細胞は血液が運ぶ酸素や栄養によって生き生きと保たれています。この大切な役割を担っている血液の流れが悪くなると、酸欠や栄養不足となり、内臓や脳まで酸素や栄養が行き届かなくなり、働きが低下していろいろな成人病を引き起こします。 

思考力も落ち、モノ忘れも多くなります。皮膚はつやがなくなり、シミやアザができるようになります。さらに、筋肉がこわばり、肩こりや筋肉痛の原因にもなります。瘀血がひどくなると、極端な場合、血管をふさぎ血の流れをとめて、狭心症や脳梗塞をもたらすこともあります。病気が長びくと血流が悪くなり、瘀血が瘀血を生じて、ますます回復が困難になります。 

 体温が低くなると血管が収縮し、血行が悪くなって血圧は上昇傾向になります。また、脳梗塞や心筋梗塞などの血栓症や胆石、尿路結石などの「かたまり」を作る病気も発症しやすくなります。水を冷やすと氷になるように、すべての物体は冷やすと硬くなります。


原   因


基本的には血行不良ですがさらにその原因は次ぎのように分類できます。

①自律神経の乱れ(血流を調節できなくなります)

不規則な生活(食事、睡眠など)、ストレス、そして特にホルモンバランスの失調(生理不順、更年期障害)により自律神経が失調し、体温調節ができにくくなります。

②心臓・筋肉の力の不足(血液を流す力のが足りない

血液は心臓による拍出と筋肉の力により流れていますが、この筋力が弱いと血行不良を起こします。一般に女性の方に冷え性が多い原因の一つです。 

③貧血(血液そのものの不足)

血液自体が不足しますので、必然的に身体を温める作用は低下します。


メールでのご相談もお受けしております。
冷え性改善、更年期障害、低体温、むくみ、漢方薬相談、婦人科相談、病気、漢方薬。

冷え性,漢方薬、足・手が冷たい、つる、腹が冷たい、小便近い、色白、低体温

お電話でのご相談をお待ちいたしております。
日曜、祭日は定休日です。
電話:
0120-0955-84

冷え性,漢方薬、足・手が冷たい、つる、腹が冷たい、小便近い、色白、低体温

FAXでも、ご相談をお受けてしております。
Fax:
072-984-0955

冷え性,漢方薬、足・手が冷たい、つる、腹が冷たい、小便近い、色白、低体温

携帯でもご相談をお受けてしております
ソフトバンク携帯
080-3456-9393です。

   冷え症のPAGETOP