庭で出来る「痔」の治療と対応法、内痔、イボ痔、痔、内痔核、切れ痔、痔ろう、脱肛 シンバシ薬店

家庭で出来る「痔」の治療と対応法、内痔、イボ痔、痔、内痔核、切れ痔、痔ろう、脱肛

店舗のご案内 ご相談の方法 宅配のご案内 よくあるご質問 個人情報保護

家庭で出来る「痔」の治療と対応法、内痔、イボ痔、痔、内痔核、切れ痔、痔ろう、脱肛
メールでのご相談もお受けしております。

【瘀血と病気】

 治りにくい慢性の疾患は瘀血が関係します。人間のからだは血液が運ぶ酸素や栄養によって生き生きと保たれています。この大切な役割を担っている血液の流れが悪くなると、酸欠や栄養不足となり、内臓や脳まで酸素や栄養が行き届かなくなり、働きが低下していろいろな成人病を引き起こします。 

  思考力も落ち、モノ忘れも多くなります。皮膚はつやがなくなり、シミやアザができるようになります。さらに、筋肉がこわばり、肩こりや筋肉痛の原因にもなります。瘀血がひどくなると、極端な場合、血管をふさぎ血の流れをとめて、狭心症や脳梗塞をもたらすこともあります。病気が長びくと血流が悪くなり、瘀血が瘀血を生じて、ますます回復が困難になります 

 検査データにはあらわれない病気になる前の段階、つまり「未病」の人には多くの場合、瘀血の傾向がみられます。漢方医学で「瘀血」の考えが重視されるのは、体の不調をいち早く見つけ出すための、貴重なてがかりとなるためです
瘀血対策に通楽を。
  


一般に痔と呼びならわされているのは、内痔核、外痔核、裂肛、脱肛などの総称であり、病態はそれぞれに異なります。しかし、漢方の治療に際しては、こうした病態上の分類は、さほど考慮する必要はなく、自他覚症状によって証を判定し、適方を選び出します。

痔疾はいずれの場合も肛門周辺の静脈の異常なうっ血によって起こるものでありますが、漢方的にはこれをお血の一症状と考えています。

従いまして本症の治療には、駆瘀血剤が多く用いられ、また実際にそれによって症状の軽快する例も多くみられます。

疾は痔核、痔裂、痔瘻などに分けられ、それぞれに根治療法は異なつてきます。痔核は、直腸静脈の拡張によって起こり、主としてうっ血を誘うような因子が原因となります。

便秘、妊娠、坐業、直腸炎、大腸炎、食餌の内容などを改善すれば、おおよそは改善されますが、出血や血栓、炎症過度、脱失、嵌頓の場合は、外科的施術に負うところが大きいようです。

また痔痩は、肛門周囲炎とともに悪化することが多く、細菌感染によって更に悪化する性質をもち、皮下、粘膜下、坐骨、直腸腔など、それぞれの部位によっても予後は異なってきます。

外科的施術を施しても再発することが多く、根治は至難であるとされています。
家庭で出来る「痔」の治療と対応法、内痔、イボ痔、痔、内痔核、切れ痔、痔ろう、脱肛 痔を治すための養生法
①便秘の改善

硬くなった便を無理に排出しようとして、肛門粘膜に傷ができて、切れ痔になる場合が多々あります。

②養生法

痔は皮膚の病ではなく、内臓、特に静脈の鬱血による病でありますから、坐薬・軟膏だけでは完治はむつかしいのです。又立つと横になるとでは、心臓の負担は七倍違うので、過労になって心臓に負担をかけすぎぬようになさって下さい。

③怒らないように「これが一番大事です」

怒ってばかりいると、血流障害を起こします。肝臓の機能が亢進し、肝臓の働きが悪くなると共に門脈の血流にも影響を及ぼし、肛門部にうっ結が生じます。 (メモ 肝臓の機能が亢進について、一度亢進しますとあとにどっと疲れが出ます)

④痔に悪い食品

アルコール・刺激物・香辛料・タバコ・もち米が原料の食べ物(例えばおかき)・コーヒー・寝る前の食事・牛肉・ニンニク・生魚(刺身)・うなぎ

⑤痔に良い食品

大豆・小魚・納豆・旬の野菜・海藻・さつまいも・豆腐・黒酢・梅干し・酸っぱいりんご(今はなかなか手にはいりませんが)

痔疾の痛み  

「痔疾」で苦しんでいる方は非常に多く、とくに痛みの激しい痔疾の場合は、本人にとっては本当に耐えられないほどつらいようです。「痔疾」には、“脱肛、切れ痔、カユ痔、イボ痔、出血痔”などがあり、便秘や下痢を伴うものもあります。

根本治療には少々時間がかかりますが、根気よく続けることが肝要です。

痔疾は一般に痛みの症状で苦しむことが多いのですが、肛門のカユミの症状(かゆ痔)もあり、これもまたとても辛いようです。肛門のカユミは、痔疾の一種である「肛門周囲炎」を起こしたときに発する症状です。

カユミの激しいときはじっと落ち着いて座っていることもできないくらいになります。

乾燥性と湿潤性の違いがあります。また、男性の場合は“陰嚢湿疹”を、女性の場合は“陰部掻痒”を併発しているケースもあります。

この症状もまた、体内に停滞する「水湿」と「熱」の結合によって形成されるものでして、「湿熱証(しつねつしょう)」と呼ばれる病症に属します。そして、この“湿熱”が肛門周囲の皮膚粘膜に流注し、そこに炎症をもたらしてカユミを発生させるという訳です。

この症状をお持ちの方は、日頃は便秘に注意し、油っこい食品、濃いお茶、コーヒー、アルコール飲料、トウガラシ料理などをできるだけ避け、菜食中心の食事に心掛けるようにしましょう。

PAGETOP

痔の出血

①「出血痔」とも言います。排便時に便が硬いために「切れ痔(裂け痔)」を起こして出血するケースが最も多いようです。瘀血を治療するといいでしょう。

②内痔核の出血もあります、この場合は痛みを感じません。
メールでのご相談もお受けしております。

家庭で出来る「痔」の治療と対応法、内痔、イボ痔、痔、内痔核、切れ痔、痔ろう、脱肛

お電話でのご相談をお待ちいたしております。
日曜、祭日は定休日です。
電話:
0120-0955-84

家庭で出来る「痔」の治療と対応法、内痔、イボ痔、痔、内痔核、切れ痔、痔ろう、脱肛

FAXでも、ご相談をお受けてしております。
Fax:
072-984-0955

家庭で出来る「痔」の治療と対応法、内痔、イボ痔、痔、内痔核、切れ痔、痔ろう、脱肛

携帯でもご相談をお受けてしております
ソフトバンク携帯080-3456-9393

 痔のTOPPAGEへ