膝関節に水がたまるの悩みを改善する漢方薬相談ページです。 大阪府東大阪市下六万寺町シンバシ薬店

関節に水 ぎっくり腰 坐骨神経痛 股間 治療

膝関節に水がたまる 店舗のご案内 ご相談の方法 宅配のご案内 よくあるご質問 個人情報保護

関節に水 ぎっくり腰 坐骨神経痛 股間 治療

痛みから解放

頭のてっぺんから足の末端まで“痛み”を発しないところはなく、また痛みの伴わない病気は皆無と言ってもいいのではないでしょうか。
関節に水 ぎっくり腰 坐骨神経痛 股間 治療

漢方治療は、症状特徴から病気の本質をとらえるという治療法であり、症状を取り除くことはその原因をも取り除くことにつながります。

一般的には漢方薬は身体上に現れるどのような痛みに対しても効果を発揮します。いろいろな治療を試みたが効果がほとんど得られず、あるいは同じ治療法を何ヶ月も何年も続けているが、依然として改善が見られないという方、ぜひご相談下さい。

膝関節に水がたまる
  

この症状もむくみ(水腫)の一種です。「関節水腫」といいます。関節組織内の水分代謝が悪くなって発生する症状でして、膝や足首の関節などに多く現れます。同時に痛みを発するものもあれば、ただ重苦しく感じるだけで、ほとんど痛みを発しないものもあります。

水のたまり方が激しくて膝を曲げることができなくなるほど重いものであれば、そのまま放って置くわけには行きませんので、先ずは水を抜く方法を講じる必要があるでしょう。

しかし、水がたまったからと言ってその度に水を抜くだけの方法を講じたり、尿量が少ないからと言って利尿剤を服用し続けるようなことは決して根本治療にはなりません。

根本治療には、先ず水のたまる原因を取り除くことが大切です。漢方治療はあくまでも根本治療を目指します。次に、当然のことですが、治療ではお薬の力を借りることは必要ですが、お薬を服用することだけが治療のすべてではありません。

発病要因となる生活面の改善も必要になります。生活面の改善、すなわち養生の面からお話ししますと、関節に水がたまりやすい人は、日頃は水分(水そのものだけでなく、清涼飲料水・酒類・果物類・お茶類などがすべて含まれます)や水分の多く含まれた飲食物をできるだけ少な目にしなければなりません。

体内に停滞している湿気をできるだけ少なくする必要があるからです。このように気を付けながら、必要な漢方薬で全身の水分代謝を盛んにし、尿の排泄を正常にすれば、「関節水腫」は自ずから改善されます。

メールでのご相談もお受けしております

関節に水 ぎっくり腰 坐骨神経痛 股間 治療

お電話でのご相談をお待ちいたしております。
日曜、祭日は定休日です。
電話:
0120-0955-84

関節に水 ぎっくり腰 坐骨神経痛 股間 治療

FAXでも、ご相談をお受けてしております。
Fax:
072-984-0955

関節に水 ぎっくり腰 坐骨神経痛 股間 治療

携帯でもご相談をお受けてしております
ソフトバンク携帯080-3456-9393

  膝関節に水がたまるのTOPPAGEへ