高血圧・漢方薬・いらいら・口渇・漢方薬、慢性病の原因は細胞の酸素不足とドロドロ・ねばねば血液が原因です。・

高血圧 漢方薬 いらいら 口渇 東大阪市


高血圧・漢方薬・いらいら・口渇・慢性病の原因は細胞の酸素不足とドロドロ・ねばねば血液が原因です。

高血圧 漢方薬 いらいら 口渇  店舗のご案内 ご相談の方法 宅配のご案内 よくあるご質問 個人情報保護

高血圧 漢方薬 いらいら 口渇 東大阪市

メールでのご相談もお受けしております。

【瘀血と病気】

 治りにくい慢性の疾患は瘀血が関係します。人間のからだは血液が運ぶ酸素や栄養によって生き生きと保たれています。この大切な役割を担っている血液の流れが悪くなると、酸欠や栄養不足となり、内臓や脳まで酸素や栄養が行き届かなくなり、働きが低下していろいろな成人病を引き起こします。 

  思考力も落ち、モノ忘れも多くなります。皮膚はつやがなくなり、シミやアザができるようになります。さらに、筋肉がこわばり、肩こりや筋肉痛の原因にもなります。瘀血がひどくなると、極端な場合、血管をふさぎ血の流れをとめて、狭心症や脳梗塞をもたらすこともあります。病気が長びくと血流が悪くなり、瘀血が瘀血を生じて、ますます回復が困難になります。 

 検査データにはあらわれない病気になる前の段階、つまり「未病」の人には多くの場合、瘀血の傾向がみられます。漢方医学で「瘀血」の考えが重視されるのは、体の不調をいち早く見つけ出すための、貴重なてがかりとなるためです。

瘀血対策に通楽を

高血圧の頭痛対策ははかぎかずら、風邪の頭痛は積雪草。

活動エネルギーは、陰液が気化したもので、目に見えないほど小さな物質からなっています。熱く活動的で、上や身体の外の方に向かうという性質をもっています

一方、陰液は液状の栄養素で、重くて冷たく、下あるいは内側に向かう性質をもっています。

陰液は、活動エネルギーによって非常に細かい栄養素につくり変えられ、さらに細かくされて、活動エネルギ-に高められます。

また活動エネルギーは、飲食物を取り入れ、新たな陰液を作り出すという代謝の過程を通して、互いにバランスを保ち、無数に張り巡らされた経絡を通って、全身に巡らされています

高血圧症は活動エネルギーと陰液のアンバランスで起こります。

環境が悪化する中で、繰り返し風邪などを患ったり、喜びや悲しみ、驚きや怒りといった心の動きや、乱れた食生活、過度の性生活といった不節制が続くと、そのシワ寄せが活動エネルギーと陰液のアンバランスとなって現れ、少しずつからだを蝕んでいきます。特に
40歳ころになると、アンバランスがはっきりとしてきます。

血圧が上がるのは「血液を調節する内臓」の問題

内臓は生命活動の中心で、互いに深く結びついています。ですから、高血圧症にはすべての内臓がかかわっているといえますが、中心となるのは、血液を貯え、血液の循環量を調節している漢方で言う「肝」です。

肝の活動エネルギーと、陰液を保護する「腎」の機能低下が「肝」に影響を及ぼすこともあり、そのほかの内臓の間題が肝に影響することもあります。

しかしどのような経過をたどっても、最終的には、「肝」を構成する活動量ネルギ-と陰液のアンバランスが起こってはじめて、高血圧症が起こります。特に「肝」のアンバランスは、まず陰液の不足が起こり、そのため活動エネルギーが相対的に余ってくるという特徴があります

血圧が上がるのは「血液を調節するストレス」の問題

激しく怒るといった、心の異常な急変や、生活環境の激変などが引き金になると、たとえ陰液が正常でも、からだの機能を調整する「肝」の働きが異常に高ぶるので、炎が上に突き上げると同じような、激しい熱症状が起こります。

頭がふらついてクルクルまわる、顔面の紅潮、目の充血、口が苦い、頭が割れるように痛んだり脹るというように、からだの上部、特に頭と顔に症状が集中します。ひどいと、意識を失って倒れることもある危険な状態です。舌は熱のために先端や辺縁が紅くなり、苔は乾燥して黄色くなります。

メールでのご相談もお受けしております。

高血圧 漢方薬 いらいら 口渇 東大阪市

お電話でのご相談をお待ちいたしております。
日曜、祭日は定休日です。
電話:
0120-0955-84

高血圧 漢方薬 いらいら 口渇 東大阪市

FAXでも、ご相談をお受けてしております。
Fax:
072-984-0955

高血圧 漢方薬 いらいら 口渇 東大阪市

携帯でもご相談をお受けてしております
ソフトバンク携帯080-3456-9393

  高血圧の原因のTOPPAGEへ