小児虚弱の悩みを改善する漢方薬相談ページです。 大阪府東大阪市下六万寺町シンバシ薬店

小児虚弱体質 ツムラ 相談無料 東大阪 漢方薬

小児虚弱体質 店舗のご案内 ご相談の方法 宅配のご案内 よくあるご質問 個人情報保護

小児虚弱体質 ツムラ 相談無料 東大阪 漢方薬


虚弱体質という名称は正式の医学用語にはありませんが、実際には虚弱な子供さんはどこにもたくさんいらっしやいます。すなわち、病気にかかりやすい、疲れやすい、不活発である、やせている、頭痛や腹痛を訴えやすい、といった子供さんを一般に虚弱児と呼んだり、虚弱体質といったりする訳であります。「頻用漢方処方の特徴」
体質的基盤にもとづいて生じやすい、もろもろの病的な変化は、漢方薬を用いることで十分に改善の余地があります。たどえば、大人の場合ならば本態性高血圧症の体質は変えられなくても、食事やストレスなどの環境因子を整備したり、漢方を用いたりすることによって、高血圧を治していくことは可能なのであります。

虚弱児についても同じように、本当の意味の体質改善はできませんが、体質的基盤にもとついて生じた病的変化は、漢方で修正していくことができます。

この種の半健康状態はむしろ漢方が最も得手とする分野の一つでありまして、証に合った薬方を与えますと、かぜを引きにくくなったり、食欲が出て体重が増したり、筋肉に力がついて活発な子供になったりする例は、しばしばみられるのであります。

人は、たとえ同じような外的条件・病原への曝露があっても、健康を損わないものがほとんどでありますが、一部は健康状態を乱され、軽重いろいろな病状を呈し、時には死に至ることすらあります。
小児虚弱体質 ツムラ 相談無料 東大阪 漢方薬 このように、個体差によって外的条件に相対し、それぞれに反応する内部機構が体質と呼ばれるものであります。

病気を起こしやすい体質は、別称、素質または病質などとも呼ばれ、形態的構造を中心としてとらえた体格・形質とは異なる呼び方であります。
病質は、さらに心理的・精神的素質(気質)を包含することもあり、この気質と病質とが合体して、弱々しい体質として話題にされることにもなります。

一般に、虚弱体質には滲出性体質・胸腺リンパ体質・無力体質・特異体質などが包括され、外的条件と相まって過剰に病的な反応を余儀なくされ、時には生命の危機に至ることもあります。

「頻用漢方処方の特徴」 toppage
タイプ@の
漢方薬
ごく軽い心下病硬と胸脇苦満、臍上悸があり、疲れやすく首から上に汗をかきやすい。

toppage
タイプAの
漢方薬
血色が悪く、疲れやすく、腹痛や鼻出血が頻発する。左右の腹直筋が全長にわたって強く緊張している。

toppage
タイプBの
漢方薬
やや弱い心下病硬と胸脇苦満があり、のぼせやすく、上半身に汗をかきやすい。

toppage
タイプCの
漢方薬
汗をかきやすく、蚊や虫にさされたあとが化膿しやすい。

toppage

メールでのご相談もお受けしております。

小児虚弱体質 ツムラ 相談無料 東大阪 漢方薬

お電話でのご相談をお待ちいたしております。
日曜、祭日は定休日です。
電話:
0120-0955-84

小児虚弱体質 ツムラ 相談無料 東大阪 漢方薬

FAXでも、ご相談をお受けてしております。
Fax:
072-984-0955

小児虚弱体質 ツムラ 相談無料 東大阪 漢方薬

携帯でもご相談をお受けてしております
ソフトバンク携帯080-3456-9393

 小児虚弱体質のTOPPAGEへ