膠原病の悩みを改善するページです。大阪府東大阪市下六万寺町1-2-5シンバシ薬店

膠原病 ツムラ 漢方薬 東大阪市 相談無料

膠原病 ツムラ 漢方薬 東大阪市 相談無料

膠原病 店舗のご案内 ご相談の方法 宅配のご案内 よくあるご質問 個人情報保護
1 膠原病とは                          汎用処方
2 漢方による治療
3 膠原病に含まれる病気と漢方療法について
膠原病 ツムラ 漢方薬 東大阪市 相談無料

膠原病とは
膠原病とは細胞と細胞を結びつける組織に炎症が起きる病気の総称です。
身体を構成する単位には、いろいろな臓器のほかに、臓器をつないだり、支えたりしている結合組織という部分があり、この結合組織の中を血管や神経などがパイプのようにはしっています。「膠原」とは、この結合組織や血管壁の重要な成分である線維タンパク質(コラーゲン)のことです。膠原病とは、この膠原線維に病変が生じたものです。

膠原病には結合組織病、自己免疫疾患、リウマチ性疾患の三つの顔があります。膠原病では、結合組織の中でも、特に血管を中心として炎症が起こりますが、どの臓器も血管によって栄養を受けているため、血管の炎症が起こると、一度にいくつもの臓器に病変が起きてきます。また、過剰な免疫反応が起こり、自分の組織に攻撃を加えることも膠原病における臓器障害の原因になっています。このため、膠原病は、自己免疫疾患の範疇にも含まれます。そして、膠原病も関節が痛くなったり、腫れたりすることが多いために、リウマチ性疾患の仲間にも含まれます。

漢方による治療
膠原病に対して西洋医学では、ステロイドホルモン剤や免疫抑制剤を使って治療しますが、副作用(易感染性、骨髄抑制作用)のために十分治療が受けられない場合があります。そういう場合、治療効果を高めるため漢方薬を使用します。西洋医学と漢方では、医学としての観点や方法などについては、まったく異なります。西洋医学では、病名によって薬が決まりますが、漢方では、「証」を重視します。そして、西洋医学が病気を真正面から撃退しようとするのに対して、漢方では、生体内環境における乱れたホメオスタシス(恒常性)を安定させることに力を入れます。

4.膠原病に含まれる病気と漢方療法について

1 全身性エリトマトーデス
2 全身性硬化症(SS)
3 結節性動脈周囲炎(PN)
4 皮膚筋炎、多発性筋炎
5 急性リウマチ熱
6 慢性関節リウマチ
7 シェーグレン症候群(類縁疾患)
8 ベーチェット病(類縁疾患)

その他混合性結合組織病、、ウェゲナー肉芽腫症、大動脈炎症候群など、多くの病気が膠原病、あるいはその類縁疾患として取りあつかわれています。


「膠原病の原因・症状」
膠原病がどうして発病するのかはまだ、よくわかっていません。しかし、いくつかの要因が重なり合って発病すると考えられています。

「体質と素因」
遺伝性の病気ではありません。しかし、膠原病にはかかりやすい体質と素因があります。だからといって、必ず膠原病が発病するわけではありません。

「環境因子」
発病の誘因となる物・感染症・薬物・紫外線照射(日光)・美容形成(シリコンなどの異物注入)・妊娠・出産・外傷・外科的手術・ストレス・寒冷・など・<感染症>ウイルス・細菌・真菌(カビの一種)以上のような物が考えられており、これらの因子は、発病された方の症状を悪化させる原因にもなります。

「免疫異常」
膠原病の場合、自分自身の体の成分を外から侵入してきた異物と勘違いして、攻撃してしまうことです。そして、この自己抗原に対する免疫反応や自己抗体をつくる免疫反応がとまることがなく持続するのです。

「その他」
膠原病の多くは、妊娠のできる年齢層の女性に発病しやすい特徴があります。ここから、発病の原因の一つに女性ホルモンが関係していて、免疫の異常を高めるように働いているのではないかと考えられています。

「膠原病が疑われる症状」
以下の症状が一つでなく複数で現れたときに膠原病が疑われます

・全身 · · · 抗生物質が効かない原因不明の発熱がある。
・微熱が続 · ·体重が減少する。
・疲れやすい · 気力がなく。
・関節や筋肉 · こわばる・痛む・腫れる・力が入らない。
・皮膚 · · · 赤い斑点が現れる・硬くなる・黒ずむ・しこりがある。
・レイノー氏 · 手指の色が白色や紫色に変色する。
・その他 · · 首や脇の下のリンパ腺が腫れる・顔や下肢の浮腫・口渇・目がゴロゴロする。
                                      
                                    汎用処方

膠 原 病 

月経不順、帯下、子宮出血、不正出血、血の道症、更年期障害でのぼせて足が冷えるもの、子宮発育不全、不妊症、流産癖、自律神経失調症、凍瘡、乾癬、手掌角皮症(主婦湿疹)、手掌煩熱あるいは乾燥するものなどに用いられる。その他に月経時に吐き気や下痢するもの

pagetop

関節痛、むくみ、口の渇き、発汗、小便が出にくいなどの場合に用いられます。また、喘鳴、咳、手足の関節のはれ、疼痛、熱感などの症状を伴うことがあります

pagetop

肩こり・寝ちがい・肩関節周囲炎・頸肩腕症候群・神経痛・筋肉痛など,筋のけいれんによるもの

pagetop

頭痛、寒け、発熱、腰痛、手足の関節痛、筋肉痛などがあり、自然発汗しない場合に適しています。せきや喘鳴[ぜんめい]を伴うこともあります

pagetop

四肢や体幹の疼痛、冷え、関節の硬縮、痺れ感、冷えると増長し、温めると楽になる 

pagetop 

慢性病ににおいてはやはりやや虚弱な体質の場合や症状が軽い場合に用います。主には感冒、神経痛、リウマチ、頭痛、冷えによる腹痛、自律神経失調症、アレルギー体質、陰痿、遺精などにも応用

pagetop

色白で水ぶとりタイプの人が対象となります。むくみ、関節のはれや疼痛、全身疲労倦怠感などがある場合に用いられます。多くは、多汗、足の冷え、体が重い、尿量減少などを伴います。これ

pagetop 

寒冷や湿気などにより、下腹部痛、腰痛、手足の筋肉や関節の痛みなどがあるときに用いられます。多くの場合、下半身の冷えと上半身ののぼせがあり、頭痛、首筋や背中のしこり、寒け、吐き気、嘔吐などを伴うことが目安となります。また、女性では月経不順や月経困難などがみられることもあります

pagetop

いらいら・怒りっぽい・胸脇部が脹って苦しい・不眠・腹痛・腹の冷え・腹部膨満感・口渇がみられるもの・舌質は乾燥・舌苔は少・脈は沈弦細

pagetop

⑩ 

脚気のまひや、大病後・産後・手術後などの体力低下・栄養失調などで四肢の筋力がなく起立歩行が十分でないときにも用いる

pagetop

皮膚につやがない・頭がぼーッとする、頭痛・手足のしびれ感・筋の痙攣・月経量が少い・月経が遅れる・月経痛などの血虚の症候に、食欲不振・疲れやすい・顔や手足のむくみ・頭が重い・腰や四肢の冷え・腹痛・泥状~水様便・白色帯下・尿量減少などの脾虚湿盛の症候をともなうもの

pagetop

メールでのご相談もお受けしております

膠原病 ツムラ 漢方薬 東大阪市 相談無料

お電話でのご相談をお待ちいたしております。
日曜、祭日は定休日です。
電話:
0120-0955-84

膠原病 ツムラ 漢方薬 東大阪市 相談無料

FAXでも、ご相談をお受けてしております。
Fax:
072-984-0955

膠原病 ツムラ 漢方薬 東大阪市 相談無料

携帯でもご相談をお受けてしております
ソフトバンク携帯
080-3456-9393

膠原病のページトップへ