更年期障害の悩みを改善する漢方薬相談ページです。 大阪府東大阪市下六万寺町シンバシ薬店

更年期障害 漢方薬相談 若年性 ツムラ

更年期障害 店舗のご案内 ご相談の方法 宅配のご案内 よくあるご質問 個人情報保護 参考資料

更年期障害 漢方薬相談 若年性 ツムラ
「頻用漢方処方の特徴へ」
更年期障害 漢方薬相談 若年性 ツムラ

更年期障害は、閉経期の女性に特有の、多種多様な精神的ならびに身体的愁訴を伴う疾患であり、血の道症はあらわれる症状はほとんど同様ですが、さらに範囲が広く、妊娠、出産、流産、月経など女性の生理現象に伴なって発症するものをいいいます。

年齢的にも、血の道症は必ずしも更年期に限りません。いずれの場合にも、その基盤には自律神経の失調があり、さらにその原因としてはホルモンの乱れや精神的なストレスが考えられます。

ことに更年期には、月経閉止とともに迎える老年期への不安や恐れ、社会的立場の変化による心理的な負担などが、特殊な精神状態をもたらし、それが更年期障害の症状を複雑多岐にわたらせる原因となっているのでありましょう。

最近では、現代医学的にも、この更年期障害、血の道症に対しては、ホルモン療法をはじめ向精神薬や精神安定剤などの投与によって、かなりの効果をあげてきていますが、漢方によるか、あるいは漢方を併用することで、さらに有効な治療を行うことができます。

ストレスや精神不安が大きなファクターとなっている以上、それを取り除くことが、治療に際しては必要となる訳ですが、漢方で適応症に合致した薬方を投与することにより、ものの考え方や受け止め方が変わって、ストレスをストレスとは感じない心的状態をもたらすことも可能であります。

更年期障害は肩こり、のぼせ、偏頭痛、めまい、耳鳴り、冷え症、不正子宮出血などを伴い、イライラ気分の続く症状が主体で、閉経期の頃に発症する、内分泌系の異常、なかでも性ホルモンのアンバランスによって発症すると考えられ、かつては女性ホルモンの補填によって緩解が得られるとされたが、現在では両性混合ホルモン剤により治療が行われるようになっています。
PAGETOP

両性混合ホルモンは、両ホルモン相互の拮抗作用によって有害作用が除かれ、よりよい効果が期待できると考えられるからであります。


「頻用漢方処方の特徴へ」 pagetop

問診カードへのご記入が面倒な方は下記のタイプ別漢方薬をご参考になさって下さい

全部があてはまる事はありません。一つか二つありますと、それが貴方様に適応します漢方薬です。

タイプ①の
漢方薬

いらいら・のぼせ・顔面紅潮・目の充血・口臭・口が苦い・口渇・口内炎・動悸・頭がさえて眠れない・気分が落ちつかない・胸脇部が脹って苦しい・上腹部痛・悪心など

pagetop

タイプ②の
漢方薬

・いらいら・のぼせ・顔面紅潮・目の充血・口臭・口が苦い・口渇・口内炎・動悸・頭がさえて眠れない・気分が落ちつかない・胸脇部が脹って苦しい・上腹部痛・悪心 

・下腹部の痛みや圧痛抵抗・あるいは腫瘤・月経不順・月経困難・不正性器出血などに、下肢の冷えや静脈のうっ滞あるいはのぼせ・頭痛・肩こりなどの症候をともなう

pagetop

タイプ③の
漢方薬

ゆううつ感・いらいら・怒りっぽい・頭痛・胸脇部が脹って苦しい・脇痛・腹痛・頭がふらつく・頭がぼーッとする・目が疲れる・四肢の痺れ感・皮膚につやがない・動悸・眠りが浅い・多夢・食欲がない・疲れやすい・倦怠感・浮腫・下痢傾向あるいは下痢と便秘が交互にくる。女性では、月経痛・月経前に乳房が脹る・月経の周期が一定しない・月経量が少い・あるいは無月経などがみられる

pagetop

タイプ④の
漢方薬

・ゆううつ感・いらいら・怒りっぽい・頭痛・胸脇部が脹って苦しい・脇痛・腹痛・頭がふらつく・頭がぼーッとする・目が疲れる・四肢の痺れ感・皮膚につやがない・動悸・眠りが浅い・多夢・食欲がない・疲れやすい・倦怠感・浮腫・下痢傾向あるいは下痢と便秘が交互にくる。女性では、月経痛・月経前に乳房が脹る・月経の周期が一定しない・月経量が少い・あるいは無月経などがみられる

・腹が張る・遊走性の腹痛・悪心・嘔吐など

pagetop

タイプ⑤の
漢方薬

・ゆううつ感・いらいら・怒りっぽい・頭痛・胸脇部が脹って苦しい・脇痛・腹痛・頭がふらつく・頭がぼーッとする・目が疲れる・四肢の痺れ感・皮膚につやがない・動悸・眠りが浅い・多夢・食欲がない・疲れやすい・倦怠感・浮腫・下痢傾向あるいは下痢と便秘が交互にくる。女性では、月経痛・月経前に乳房が脹る・月経の周期が一定しない・月経量が少い・あるいは無月経などがみられる 

・いらいら・のぼせ・顔面紅潮・目の充血・口臭・口が苦い・口渇・口内炎・動悸・頭がさえて眠れない・気分が落ちつかない・胸脇部が脹って苦しい・上腹部痛・悪心など

pagetop

タイプ⑥の
漢方薬

不安感・悲哀感・驚きやすい・寝つきが悪い・眠りが浅い・頭がぼーッとする・食がほそい・欠伸がよくでる・甚しければ痙攣・意識喪失をきたす

pagetop

タイプ⑦の
漢方薬
食欲不振・腹が脹って痛む・軽度の浮腫・軟便。舌質は淡紅で瘀斑をともなうことが多い

pagetop
タイプ⑧の
漢方薬

不安感・不眠・動悸・元気がない・痺れ・顔色が悪い・やせ型で顔色も悪い虚弱体質の人で、神経過敏または精神不安など、精神神経症状を示す・一般に疲れやすい、寝汗、手足の冷え、不眠、陰萎・腹壁が薄く・腹直筋は軽く緊張していることもあり・へその周りに触れると大動脈の拍動が感じられることが多いものです。また、眼精疲労や子どもの夜泣き、夜尿症などにも用いられます

pagetop

タイプ⑨の
漢方薬

下腹部の痛みや圧痛抵抗・あるいは腫瘤・月経不順・月経困難・不正性器出血などに、下肢の冷えや静脈のうっ滞あるいはのぼせ・頭痛・肩こりなどの症候をともなう。舌質は紫あるいは瘀斑がみられることが多い・一般的な血瘀にも

pagetop

タイプ⑩の
漢方薬

いらいら・不眠・多夢・驚きやすい・動悸・のぼせ・落ちつかない・胸脇部が脹って苦しい・筋肉がぴくぴくひきつる・疲れやすい・食欲不振・悪心・腹部膨満感・腹部で動悸を触れることが多い

pagetop

タイプ⑪の
漢方薬
ゆううつ感いらいら口苦い,胸脇部脹痛食欲不振元気がない,疲れやすい,悪心,喝吐などをともなう

pagetop
タイプ⑫の
漢方薬

いらいら・のぼせ・顔面紅潮・目の充血・口臭・口が苦い・口渇・口内炎・動悸・頭がさえて眠れない・気分が落ちつかない・胸脇部が脹って苦しい・上腹部痛・悪心などの症候

pagetop

タイプ⑬の
漢方薬

いらいら・のぼせ・顔面紅潮・目の充血・口臭・口が苦い・口渇・口内炎・動悸・頭がさえて眠れない・気分が落ちつかない・胸脇部が脹って苦しい・上腹部痛・悪心などの症候 

下腹部の痛みや圧痛抵抗・あるいは腫瘤・月経不順・月経困難・不正性器出血などに、下肢の冷えや静脈のうっ滞あるいはのぼせ・頭痛・肩こりなどの症候をともなう。舌質は紫あるいは瘀斑がみられることが多い・一般的な血瘀にも

pagetop

タイプ⑭の
漢方薬

顔色が悪くつやがない・皮膚がかさかさして潤いがない・爪の色が悪くもろい・目がかすむ・目が疲れる。目の乾燥感・頭がボーッとする・ふらつく・動悸・四肢の痺れ感・筋肉がピクピクひきつる・筋肉の痙攣がよく起きるなどの症候で、女性では月経周期の延長・月経量が少い・無月経などがみられる

pagetop

タイプ⑮の
漢方薬

浮腫(とくに下半身)・尿量減少・泥状~水様便・四肢が重だるい・冷え・寒け・口渇はない・疲れやすい・元気がない・ときに腹痛・甚しければ腹水や胸水を生じるなどの症候

pagetop

タイプ⑯の
漢方薬

血瘀の症候に、胸苦しい・腹が脹る・便秘などの気滞の症候をともない、甚しければ乏尿・狂躁状態を呈する

pagetop
タイプ⑰の
漢方薬

瘀血に伴い、便秘がちな人に。頭痛、めまい、不眠、のぼせ、不安、興奮、肩こりなど精神神経症状を伴う場合に用いられます

pagetop

タイプ⑱の
漢方薬

皮膚につやがない・頭がぼーッとする、頭痛・手足のしびれ感・筋の痙攣・月経量が少い・月経が遅れる・月経痛・食欲不振・疲れやすい・顔や手足のむくみ・頭が重い・腰や四肢の冷え・腹痛・泥状~水様便・白色帯下・尿量減少

pagetop

タイプ⑲の
漢方薬

のぼせ・めまい感・頭痛・不眠・いらいら・肩こり、動悸・ゆううつ感・胸苦しい・腹がはる・悪心・腹痛・目がかすむ・しびれ・食欲不振・元気がないなど・月経不順・月経量が少い・月経痛などをともなうこともある

pagetop

タイプ⑳の
漢方薬

冷え症で顔色が悪く、神経質な、体力が中等度以下の人に。神経性胃炎、咳、喉のイガイガ、声枯、つわり、不眠、甲状腺機能低下などで気分が塞いだり、喉が塞がる感じや球状のもの(ヒポンコリー)が、痞える感じがする場合に使用されます。多くは、心下(みぞおち)を軽く叩くとポチャポチャと水の音がします

pagetop

タイプ21の
漢方薬
頭がふらつく、頭が重く脹る、目がくらむ、甚しければ回転性の目まい発作で立っていられない、悪心、嘔吐・食欲不振、元気がない、疲れやすい、胸腹部が脹って苦しい、泥状~水様便

pagetop
タイプ22の
漢方薬

色白で水ぶとりタイプの人が対象となります。むくみ、関節のはれや疼痛、全身疲労倦怠感などがある場合に用いられます。多くは、多汗、足の冷え、体が重い、尿量減少などを伴います

pagetop

タイプ23の
漢方薬

ふらつき・手足のふるえ・いらいら・憂うつ・怒りっぽい・緊張・目がかすむ・痺れ感・食欲不振・悪心・嘔吐・疲れやすい

pagetop

タイプ24の
漢方薬

咳嗽・疲労倦怠感・動悸・息切れ・むくみ・呼吸困難・白色でうすい多量の痰・喘鳴・くしゃみ・鼻みず・冷えなどの症候。胃内に水があることも

pagetop

タイプ25の
漢方薬
疲れやすい・食欲がない・目まい感立ちくらみ・悪心・嘔吐上腹部膨満感・腹鳴・胃部の振水音あるいは多量の白痰・咳嗽あるいは軽度の浮腫などの痰飲・水湿の症候がみられ、四肢の冷え動悸・耳鳴肩こりなどをともなうことが多い

pagetop
pagetop
メールでのご相談もお受けしております。

更年期障害 漢方薬相談 若年性 ツムラ

お電話でのご相談をお待ちいたしております。
日曜、祭日は定休日です。
電話:
0120-0955-84

更年期障害 漢方薬相談 若年性 ツムラ

FAXでも、ご相談をお受けてしております。
Fax:
072-984-0955

更年期障害 漢方薬相談 若年性 ツムラ

携帯でもご相談をお受けてしております
ソフトバンク携帯
080-3456-9393

   更年期障害のPAGETOPへ