尿もれ 夜尿症 漢方薬 浪花茨+鹿海馬 東大阪 夜間頻尿の相談ページです。 大阪府東大阪市箱殿町9-15 シンバシ薬店

尿もれ 夜尿症 漢方薬 浪花茨+鹿海馬 東大阪

夜尿症・失禁(尿漏れ)夜間頻尿・ 店舗のご案内 ご相談の方法 宅配のご案内 よくあるご質問 個人情報保護

尿もれ 夜尿症 漢方薬 浪花茨+鹿海馬 東大阪 夜間頻尿
夜尿症と失禁は小便を自分で制御できない病であり、その程度には軽重があります。一般に夜尿症(遺溺)は幼児に、失禁は老人と病後に多く現われます。
夜尿症・失禁(尿漏れ)夜間頻尿対策に浪花茨+鹿海馬
尿もれ 夜尿症 漢方薬 浪花茨+鹿海馬 東大阪 夜間頻尿

その病は膀胱にありますが、又全身の疾病により引き起される場合があります。故に夜尿症と失禁は臨床では同じ症と考えます。

夜尿症と失禁の病理は腎と膀胱と関係があり、腎は二便を制御し、膀胱は、小便の出入を調節します。例えば腎陽の不足は火が水を収摂せず、腎陰の虚損は虚火の妄動を招き、或は客熱が腎、膀胱を侵して、経脈が痿痺する等は皆この病を発生します。

小児は腎気がまだ完全でなくて夜尿症の場合は後天的にその働きが備わってくると目然に治りますので必ずしも病理状態に属しません。

人体の水分代謝は腎ばかりでなく肺、脾とも密接な関係があります。従って肺の虚冷は下焦を制御出来ず夜尿症を生じます。

脾胃の虚弱は水液が氾濫して小便の失禁を生じます。この種の夜尿症と失禁はその症状が下部に現われるますが、その病は実は中焦と上焦にあります。

その他に妊婦の産後の膀胱の損傷で水液が膀胱に入ると制御する事が出来ず自然にもれる場合は、器質的な損傷ではありますが気血が旺盛ならば補修可能であります。

尿失禁の分類
本人の意識と関係なく尿が漏れる事を尿失禁と言います。

@腹圧性尿失禁
クシャミ、せき、大笑い、階段の上り下り、重いものを持ち上げる時などお腹に力が入った時におこる尿失禁を腹圧性尿失禁といいます。女性の4割を超える2000万人以上が悩まされ、50歳以上では半数以上にみられ、経産婦や肥満の方に多く認められます。原因は尿道・膀胱を吊り上げている骨盤底筋群がゆるむ為です。

A切迫性尿失禁
強い尿意のため、尿を我慢できず膀胱が勝手に収縮し失禁する症状です。尿の量は腹圧性尿失禁より多く、尿の回数が多くなる頻尿という症状が起きます。
 
B溢流性尿失禁
膀胱に尿がこれ以上たまらなくなって、ダムの水があふれるように尿が漏れる状態です。
原因は前立腺肥大症、前立腺癌、尿道狭窄、糖尿病に伴う神経因性膀胱などで、男性に多くみられます。

メールでのご相談もお受けしております。

尿もれ 夜尿症 漢方薬 浪花茨+鹿海馬 東大阪 夜間頻尿

お電話でのご相談をお待ちいたしております。
日曜、祭日は定休日です。
電話:
0120-0955-84

尿もれ 夜尿症 漢方薬 浪花茨+鹿海馬 東大阪 夜間頻尿

FAXでも、ご相談お受けてしております。
Fax:
072-984-0955

尿もれ 夜尿症 漢方薬 浪花茨+鹿海馬 東大市 夜間頻尿

携帯でもご相談を0受けてしております
ソフトバンク携帯080-3456-9393

 夜尿症・尿もれのPAGETOPへ