不整脈、狭心症、心筋梗塞、心不全などの循環器疾患全般, 脳出血、脳梗塞、脳卒中、血栓病に灯盞花を

脳出血 脳梗塞 脳卒中 血栓病 灯盞花

脳血管障害の予防と治療 店舗のご案内 ご相談の方法 宅配のご案内 よくあるご質問 個人情報保護

脳出血 脳梗塞 脳卒中 血栓病 灯盞花
メールでのご相談もお受けしております。牛黄がお助けします。
一、脳卒中の種類・3タイプあります。脳出血・脳梗塞・脳卒中・血栓病に灯盞花を。

【瘀血と病気】

 治りにくい慢性の疾患は瘀血が関係します。人間のからだは血液が運ぶ酸素や栄養によって生き生きと保たれています。この大切な役割を担っている血液の流れが悪くなると、酸欠や栄養不足となり、内臓や脳まで酸素や栄養が行き届かなくなり、働きが低下していろいろな成人病を引き起こします。 

  思考力も落ち、モノ忘れも多くなります。皮膚はつやがなくなり、シミやアザができるようになります。さらに、筋肉がこわばり、肩こりや筋肉痛の原因にもなります。瘀血がひどくなると、極端な場合、血管をふさぎ血の流れをとめて、狭心症や脳梗塞をもたらすこともあります。病気が長びくと血流が悪くなり、瘀血が瘀血を生じて、ますます回復が困難になります 

現代の西洋医学では、検査のデータが優先されるあまり、患者自身の体調の変化や自覚症状だけではなかなか病気として認めてもらえないところがあります。 

 検査データにはあらわれない病気になる前の段階、つまり「未病」の人には多くの場合、瘀血の傾向がみられます。漢方医学で「瘀血」の考えが重視されるのは、体の不調をいち早く見つけ出すための、貴重なてがかりとなるためです。                     
                             


①脳出血に土大黄一日20~30粒を服用します。

脳の細い血管が破れて、脳内に出血するもの。最大の原因は「高血圧」です。
60歳以上の高齢者は、血管壁にアミロイド(蛋白質と多糖類の複合体)がたまり血管がもろくなって破れます。
脳出血の症状

前ぶれもなく突然起こります。とくに活動中に、急に意識を失い、半身不随となり、物を吐いたり、尿を漏らしたりします。出血がひどいと、昏睡し、呼吸も深く、あくびや、いびきをかきます。体温は発作直後から上昇し、嘔吐や痙攣を繰り返します。
②脳血栓に灯盞花+紅羅不磨を

脳の動脈に血液の塊が付着して、血管を閉塞します。最大の原因は動脈硬化です。

②脳血栓の症状

夜間、早朝などの安静時に多く、発作も脳出血のように急激ではあらいません。典型的な例は、まず、足がきかなくなり、ついで手がきかなくなり、口がもつれてきます。また数時間かけて段階的にマヒが進行しますが、意識障害も昏睡も軽度です。

③脳梗塞に灯盞花+土大黄(暑がり体質)・灯盞花+金不換(冷え体質)

主に心臓内で出来た、血液の塊が脳の血管を閉塞するものです。最大の原因は「心臓病」。特に「心臓弁膜症」の方に多発します。

③脳梗塞の症状

突発的に起こるのが特徴で、前ぶれの症状はありません。昏睡も深く痙攣がひどい。血圧とはあまり関係ありませんが、しばしば死亡に至るケースが多く見られます。

二、一過性脳虚血発作

脳動脈の硬化により、頸椎の変形があり、頭の位置を変えることにより、血管が狭くなったり、圧迫する場合又は、血栓の小さな塊が一時的に脳血管をふさいだりする病気です。

一過性脳虚血発作の症状

一時的に意識障害が起こり、半身不随、又は手足のマヒが起こり、同時に舌のもつれ、感覚異常、めまい、視力障害が起こります。しかし、これらの症状も24時間以内に消失して、後遺症はまったくありません。

メールでのご相談もお受けしております。

脳出血 脳梗塞 脳卒中 血栓病 灯盞花

お電話でのご相談をお待ちいたしております。
日曜、祭日は定休日です。
電話:
0120-0955-84

脳出血 脳梗塞 脳卒中 血栓病 灯盞花

FAXでも、ご相談お受けてしております。
Fax:
072-984-0955

脳出血 脳梗塞 脳卒中 血栓病 灯盞花

携帯でもご相談を0受けてしております
ソフトバンク携帯080-3456-9393

 脳血管障害のPAGETOへ