脳梗塞・狭心症・血栓症・静脈瘤・血行不良・紅冠元・血液の病の原因は細胞の酸素不足とドロドロ・ねばねば血液が原因です。 漢方の処方にも、各種の麻痺の回復を早めるものがいくつかあり、リハビリテーションなどの考え方がなかった昔から、これらを用いて奇効を奏した例が文献に残っています。 箱殿町 シンバシ薬店

脳梗塞 狭心症 血栓症 静脈瘤 血行不良 紅冠元 脳卒中

脳梗塞・狭心症・血栓症・静脈瘤・血行不良・紅冠元・脳卒中 店舗のご案内 ご相談の方法 宅配のご案内 よくあるご質問 個人情報保護

脳梗塞 狭心症 血栓症 静脈瘤 血行不良 紅冠元 脳卒中
メールでのご相談もお受けしております。牛黄がお助けします。

【瘀血と病気】

 人間のからだは血液が運ぶ酸素や栄養によって生き生きと保たれています。この大切な役割を担っている血液の流れが悪くなると、酸欠や栄養不足となり、内臓や脳まで酸素や栄養が行き届かなくなり、働きが低下していろいろな成人病を引き起こします。 

  思考力も落ち、モノ忘れも多くなります。皮膚はつやがなくなり、シミやアザができるようになります。さらに、筋肉がこわばり、肩こりや筋肉痛の原因にもなります。瘀血がひどくなると、極端な場合、血管をふさぎ血の流れをとめて、狭心症や脳梗塞をもたらすこともあります。病気が長びくと血流が悪くなり、瘀血が瘀血を生じて、ますます回復が困難になります 

現代の西洋医学では、検査のデータが優先されるあまり、患者自身の体調の変化や自覚症状だけではなかなか病気として認めてもらえないところがあります。 
瘀血対策は通楽を。

発病後、2~3ヵ月も寝たきりにしておきますと、麻痺のせいではなく、寝ていたための筋の萎縮によって歩けなくなってしまう例がしばしば見うけられます。この予防には、できるだけ早くリハビリテーションを開始することが必要であります。


慢性病の原因は細胞の酸素不足とドロドロ・ねばねば血液が原因です


漢方の処方にも、各種の麻痺の回復を早めるものがいくつかあり、リハビリテーションなどの考え方がなかった昔から、これらを用いて奇効を奏した例が文献に残っています。

漢方療法も、早く始めれば始めるほど効果があがり、発作後1年以上すると非常に治りが悪くなります。したがって、早い機会にリハビリと並行して、漢方を用いることをすすめします。

脳卒中後遺症は脳の部分的血流障害および神経障害が元凶となった、特に運動領野の異常に対する対策が主眼となります。

現在、激症期にないこと、すなわち活動的な病変が見出されなければ、温浴などによる全身の血流改善を目的として、体操、筋力増強運動、食餌内容、過食などの注意を十分守って、必要不可欠な、または不足しがちな物質、すなわちビタミンや酵素などを適宜補うて経過観察を行い、同時に血圧や心臓などの管理も十分行うよう配慮しましょう。

脳卒中とは

脳の血管が障害されて起こる病気の総称です。症状は「激しい頭痛」「体の片側に起こる麻痺やしびれ」「視野欠損」「言葉が出てこない」など様々ですが、いずれにしても突然起こることが多く高血圧との関係が大きいと言われています。脳卒中のタイプは次ぎの二つのタイプに分ける事ができます。

○血管が破れて起こるタイプ

①くも膜下出血

主に脳の血管に出来た「動脈瘤」というこぶが突然破裂し、脳を包む「くも膜」「軟膜」の間にある「くも膜下腔」に出血することで脳細胞が障害されるものです。「バットで殴られ様な痛みと表現される頭痛が起こるのが特徴です。

②脳出血

脳の中の血管が破れて出血し、脳細胞を圧迫してダメージを与えるもの。原因の8割が高血圧と言われています。

○血管が詰まって起こるもの:血栓(血液の塊)が血管に詰まることで、酸素がその先の脳細胞へ送られず、壊死が起こる「脳梗塞」タイプ

①ラクナ梗塞  脳内の細い血管が詰まって起こります。

②アテローム血栓性  「動脈硬化」の病巣の表面を覆う膜が破れて血栓ができ、脳の太い動脈をつまらせるために起こります。

③心源性脳梗塞  不整脈などによって心臓内に出来た血栓が血流に乗って脳まで運ばれ、脳の血管を詰まらせるために起こります。脳梗塞の中でも特に最近増加中です。

脳卒中予防十か条
 
①手始めに(高血圧)から治しましょう
②(糖尿病)放っておいたら悔いが残る
③(不整脈)見つかり次第すぐ受診
④予防には(タバコ)を止める
⑤(アルコール)控えは薬過ぎれば毒
⑥高すぎる(コレステロール)も見逃すな
⑦お食事の(塩分・脂肪)控えめに
⑧体力に合った(運動)続けよう
⑨万病の引き金になる(肥りすぎ)
⑩脳卒中起きたらすぐに病院へ
(日本脳卒中協会)
メールでのご相談もお受けしております。

脳梗塞 狭心症 血栓症 静脈瘤 血行不良 紅冠元 脳卒中

お電話でのご相談をお待ちいたしております。
日曜、祭日は定休日です。
電話:
0120-0955-84

脳梗塞 狭心症 血栓症 静脈瘤 血行不良 紅冠元 脳卒中

FAXでも、ご相談お受けてしております。
Fax:
072-984-0955

脳梗塞 狭心症 血栓症 静脈瘤 血行不良 紅冠元 脳卒中

携帯でもご相談を0受けてしております
ソフトバンク携帯
080-3456-9393

 脳卒中のPAGETOPへ