躁鬱病の悩みを改善する漢方薬相談ページです。 大阪府東大阪市下六万寺町シンバシ薬店

躁鬱病 ツムラ 相談無料 東大阪市

躁鬱病 店舗のご案内 ご相談の方法 宅配のご案内 よくあるご質問 個人情報保護

躁鬱病 ツムラ 相談無料 東大阪市

躁病

躁鬱病の躁状態をいいます。
躁病になりやすい人の性格特徴は社交的、善良、親切、情味ぶかく、明朗でユーモアがあり、活発で熱しやすいことが挙げられます。症状としては気分は爽快となり、誰にでも話しかけたりする。自信過剰となり、周囲の人を見下げ、バカにする。よどみなく話すが、一貫性が無く、脱線したり繰り返しが多い。浪費が多く、卑わいな言動も目立ち、非常識な行動を取るようになる。
躁病相だけという人は少ない。ほとんどの場合、躁病相と鬱病相を繰り返すことが多い。双方を合わせて躁鬱病といいます。
 

症状

1.爽快気分
2.活動欲亢進
3.自己評価の亢進
4.楽天的態度
5.思考奔逸
6.行動の脱線

夜もあまり眠らず、家族にいろいろ話しかけて寝かせず、家族全員が疲れ果ててしまった。
深夜にもかかわらず、知人に長電話をしたり、必要のないものを買ったり、無謀な株式投資を始めたり頭の回転が速くなり、アイデアが泉の如く湧いてくるように感じ、突発的な行動に出るようになる。
 

躁鬱病

双極性障害
躁の状態とウツの状態が交互に表れる双極性障害は脳の神経の機能がおかしくなって起きます。決して、周りの人が甘やかしているからでも、本人がわがままだからでもない。本人はもちろん、周りの人が一生懸命に努力しても症状を抑えきれないことが多い。
この病気の根底にはストレスがあります。同じストレスでも自律神経が乱れる人とそうでない人がいますが、人にはそれぞれ耐性がありますが、個々によってその力は違っています。この病気からの脱却は、脳内にエンドルフィンやド−バミン等の快楽物質を多く産生される環境を作ることと、視床下部を適当に刺激し、交感神経優位から副交感神経にスイッチオンさせ、体全体をリラックス状態にする事です。エンドルフィンを出す早道は、笑うことです。笑えばどんどん出てきます。面白くないのに笑っても出ません。心底腹の底から笑うことです。つまり脳内をリセットすることです。

それと、視床下部を適当に刺激することです。これにはマクロファージが深く関係しています。マクロファージの出すインタ−ロイキン-1(IL-1)が視床下部を刺激し、これまでの交感神経緊張から副交感神経へとスイッチオンされます。つまり、[A]によりマクロファージが刺激されることにより、インタ−ロイキン-1が産生され、これが視床下部を刺激し副交感神経優位になり、エンドルフィンも産生され気持ちが、体がリラックス状態になってきます。神経の乱れは、傷の修復と同様[A]が強力な味方になります。

メールでのご相談もお受けしております。

躁鬱病 ツムラ 相談無料 東大阪市

お電話でのご相談をお待ちいたしております。
日曜、祭日は定休日です。
電話:
0120-0955-84

躁鬱病 ツムラ 相談無料 東大阪市

FAXでも、ご相談をお受けてしております。
Fax:
072-984-0955

躁鬱病 ツムラ 相談無料 東大阪市

携帯でもご相談をお受けてしております
ソフトバンク携帯
080-3456-9393

 躁鬱病のTOPPAGEへ