低体温症の悩みを改善する漢方薬相談ページです。 大阪府東大阪市下六万寺町シンバシ薬店

低体温症 女性健康 子供 症状病気 東大阪市

低体温症 店舗のご案内 ご相談の方法 宅配のご案内 よくあるご質問 個人情報保護

低体温症 女性健康 子供 症状病気 東大阪市

通常、私達人間の体温の平均は36.5度くらいといわれています。38度以上になると発熱、37度以上になると微熱などといわれます。頻用漢方処方の特徴へ 

低体温症 女性健康 子供 症状病気 東大阪市

体は体温の変化に対して敏感に反応し、通常の状態の体温を保とうと働きます。
その体温の調節を行っている部位が脳の中の視床下部といわれるところです。

体温が下がってくると、視床下部は体温調節中枢を介して皮膚の血管を収縮させます。
そして熱の損失を減らし、戦慄や筋肉の強直などにより熱の産生を高め、体温を通常の状態に戻し一定に保つように働きます。

しかしその働きがうまく行われない場合や、熱の損失に対して熱の産生が間に合わないような状況になると低体温という状態が発生します。

低体温は免疫の低下を招く

低体温になると、体にどんな影響があるのでしょうか。
体温が1℃下がると基礎代謝(新陳代謝)が12%低下し、太りやすくなるので美容の面でも大問題です。

さらに、免疫力が低下し、体内酵素の働きが大幅に減って臓器の働きが悪くなり、心身のバランスをくずしやすくなります。

「おなかが冷たい」「足や脚がむくんでいる」というような身体症状があったら、体が冷えていて低体温になる危険性があります。

過度な交感神経優位、過度な副交感神経優位は低体温になる

 自律神経から見ると、適度に交感神経優位な方は体温が高くなります。ただし、行き過ぎた交感神経緊張状態が持続しますと、血管が収縮して抹消の血流が悪くなって、体温が低下します。交感神経緊張状態の持続によって、手足が冷たい状態になります。

 副交感神経が優位な状態は、体温が高くなっています。しかし、副交感神経優位の状態が持続しますと、こちらも低体温になります。副交感神経が過度に優位になると、運動するのがおっくうな状態になります。すると、体を動かさないことによって筋肉量が減少します。筋肉を動かすことによる発熱量が低下し、やはり低体温になるのです。

 交感神経緊張状態の持続、過度な副交感神経優位の状態の持続ともに、最終的には低体温を招きます。

汗をかかない生活が冷えの原因

 冷えの原因としては、汗をかかない生活をするが人が増えていることです。
汗には老廃物を排出する働きとともに、体温調節機能があります。夏でも冷房が利いた環境の中にいて、汗をかかない生活を続けていたりすると、体内に老廃物をためこみ、体温調節機能が働きにくくなってしまいます。

頻用漢方処方の特徴へ PAGETOPへ

問診カードへのご記入が面倒な方は下記のタイプ別漢方薬をご参考になさって下さい

全部があてはまる事はありません。一つか二つありますと、それが貴方様に適応します漢方薬です。

タイプ①の
漢方薬

・冷い飲食物のとりすぎや寒冷の環境によって急激に発発生する、腹痛・嘔吐・下痢(頻回で泥状~水様)・腹部膨満・上腹部のつかえなどの症状。口渇はなく、手足の冷えや顔面口唇の蒼白がみられる。舌苔は滑・脈は沈遅

下痢や胃腸疾患、高血圧症、心臓弁膜症、脳出血による運動・知覚まひ、脊髄疾患などによって新陳代謝機能が衰えているときに用いられます。全身倦怠感、手足の冷感、下痢、腹痛などがあり、さらに、めまいや動悸などの症状を伴います


PAGETOPへ 

タイプ②の
漢方薬

下痢や胃腸疾患、高血圧症、心臓弁膜症、脳出血による運動・知覚まひ、脊髄疾患などによって新陳代謝機能が衰えているときに用いられます。全身倦怠感、手足の冷感、下痢、腹痛などがあり、さらに、めまいや動悸などの症状を伴います

PAGETOPへ

タイプ③の
漢方薬

腰から下が冷えて痛む、腰から下が重だるい、軽い浮腫、よだれ尿量が多いもの

PAGETOPへ

タイプ④の
漢方薬

四肢や体幹の疼痛、冷え、関節の硬縮、痺れ感、冷えると増長し、温めると楽になる

PAGETOPへ

タイプ⑤の
漢方薬

腰や膝がだるく力がない・知力減退・動作が緩慢・ふらつき・耳鳴・下半身や四肢の冷え・寒がる・嗜眠傾向・インポテンツ・尿量が少く頻回あるいは尿量過多・排尿に時間がかかる・排尿困難あるいは失禁・夜間多尿・遺尿など。多痰・水様便の浮腫をともなうこともある。舌質は淡白で湿潤・舌苔は白滑・脈は沈・尺脈が弱

 
PAGETOPへ

タイプ⑥の
漢方薬

寒冷により手足の末端の痛みや冷感・しもやけ、下腹部痛や腰痛、下痢などがある場合に用いられます。頭痛、吐き気、嘔吐、頻尿などを伴う場合

PAGETOPへ

タイプ⑦の
漢方薬

発作性に生じる頭痛(偏頭痛あるいは頭頂部、前額部の痛み)・悪心・乾嘔あるいは嘔吐・首すじからこめかみの凝り・めまい感・手足の冷えなどの症候で、疲れたときや月経前にみられることが多い、舌質は淡白・舌苔は白滑・脈は沈弦遅

PAGETOPへ

タイプ⑧の
漢方薬

・下腹部の腫瘤・圧痛・腹のひきつり・脈が渋、あるいは不正性器出血・月経痛・無月経

 いらいら・怒りっぽい・胸脇部が脹って苦しい不眠などと腹痛腹の冷え腹部膨満感などの胃の症候と口渇がみられるもの舌質は乾燥舌苔は少脈は沈弦細

PAGETOPへ

タイプ⑨の
漢方薬

月経不順、帯下、子宮出血、不正出血、血の道症、更年期障害でのぼせて足が冷えるもの、子宮発育不全、不妊症、流産癖、自律神経失調症、凍瘡、乾癬、手掌角皮症(主婦湿疹)、手掌煩熱あるいは乾燥するものなどに用いられる。その他に月経時に吐き気や下痢するもの、上顎洞化膿症(蓄膿症)

PAGETOPへ

メールでのご相談もお受けしております。PAGETOPへ        

低体温症 女性健康 子供 症状病気 東大阪市

お電話でのご相談をお待ちいたしております。
日曜、祭日は定休日です。
電話:
0120-0955-84

低体温症 女性健康 子供 症状病気 東大阪市

FAXでも、ご相談をお受けてしております。
Fax:
072-984-0955

低体温症 女性健康 子供 症状病気 東大阪市

携帯でもご相談をお受けてしております
ソフトバンク携帯
080-3456-9393

  低体温のPAGETOPへ