痛風の悩みを改善する漢方薬相談ページです。 大阪府東大阪市下六万寺町シンバシ薬店

,痛風 尿酸 プリン体 漢方薬 ツムラ

痛風 店舗のご案内 ご相談の方法 宅配のご案内 よくあるご質問 個人情報保護

痛風 尿酸 プリン体 漢方薬 ツムラ

痛風 尿酸 プリン体 漢方薬 ツムラ 頻用漢方処方の特徴へ

痛風の治療に必要なビタミン・ミネラルはB5、C、Zn,Moです。
 
遺伝的な要因によることが多いといわれる病気ですが、実際にはそのほとんどが生活習慣によって発病するといっても過言ではありません。男性に多く現れ、近年増加の傾向にあると報告されています。
西洋医学では、ある種の原因によって血中の尿酸の量が増加し、その尿酸塩が関節内に沈着し過ぎて起こる病気と考えられています。足の親指の関節部に発することが多く、赤く脹れて激痛を発し、重症のものでは症状が足の甲全体に及びます。

また、この痛風患者様の20~30%に“尿路結石”が合併症として見られることも報告されています。漢方医学では、その症状の特徴から、体内に慢性的に停滞した“湿”と“熱”が結合して引き起こされる病症です。

湿の停滞によって患部が腫れ、熱の停滞によって炎症を起こして赤くなります。痛風を起こしやすい方は、日頃はアルコール類・油っこい食品・トウガラシ含有食品などを極力控えるべきでしょう。

本症は、蛋白質の代謝機能障害により過剰に作られた尿酸が、関節に炎症を起こすものであると考えられています。戦前までは、わが国にはないといわれてきましたが、食生活の変化に伴い、近年では次第に増加しています。

痛風はアルコール飲料・プリン体を含む食餌などの過飲・過食により、血中尿酸値が高まり、特に下肢・足関節、拇趾関節などに尿酸結石が蓄積する疾患で、激痛が先行し、歩行困難となる場合も稀ではありません。

かねてから、美食、運動不足・腎の機能異常などにその原因が求められてきたように、粗食で比較的労働量の多い社会では、この疾患は確かに少ないとされています。PAGETOPへ

したがいまして、過食、美食のいましめ、適宜な運動・利尿などが、その予防および治療の根幹となります。

また、既に発病している場合は、より速い尿酸の排泄と産生の抑止を目的とした薬物療法が行われますが、尿酸産生に加担する食餌の制限は忘れてならない事柄であります。

生成(運動・食事・思考)と排泄(尿から)のバランスがとれている時は問題が起こらないが、排泄以上に生成が上回ってくると、血中で増えた尿酸は結晶化し炎症を引き起こすようになる。こうして発症するのが痛風です。
尿酸の多くは飲食によるプリン体ではなく、エネルギー代謝や新陳代謝によるものなので、以下のような代謝を活発化させる要因に要注意。PAGETOPへ

①早飯
②短時間の飲酒(一気のみ)
③大食い
④激しい運動
⑤ストレス

痛風に良い食べ物
ひじき・ほうれん草・わかめ・さつまいも・大豆・ごぼう・昆布・にんじんなどです。

痛風に悪い食べ物
鶏肉・豚肉・牛のレバー・もつ・いわしの干物・まあじの干物・大正えび・あんきも・白子・かつお・たらこ・ビール・干ししいたけなどです。

痛風 尿酸 プリン体 漢方薬 ツムラ
交感神経優位によって発症します主な病気です。御参考までに。活性酸素による組織破壊が起こります。
痛風・ガン・胃潰瘍・潰瘍性大腸炎・十二指腸潰瘍・白内障・糖尿病・甲状腺機能障害など。
かつて痛風の食事療法といえば、尿酸のもとであるプリン体の多い食品を制限することが強調されました。現在では、食事からとれるプリン体の量は、全体からみるとそれほど多くないと考えられ、プリン体制限はあまり強調されていません。痛風の人は、次の点に注意して食事をとってください。

●プリン体をとりすぎないよう、注意!
 体内の新陳代謝が行われる結果、細胞の核からできる物質がプリン体。これが尿酸のもとになります。痛風を予防するには、このプリン体を多く含む食品を続けて多量にとらないことも必要。プリン体は煮ると煮汁に移るので、肉類は煮て料理し、煮汁を飲まないようにします。

●減量は、尿酸値を下げる効果が
 痛風は、太っている人に多いことがわかっています。太っている人が体重を落とすと、たいがい尿酸値が下がります。食べすぎている人は食べる量を適正にし、減量の努力を! ただ、食事を極端に減らすと、尿酸値が上がることもあるので注意を。減量はゆっくりと行います。

●水分をとって、尿酸を排泄PAGETOPへ
 水分を十分にとり、尿酸を尿といっしょに排泄することが大切。「水分が大切」であることを誤って、「ビールを飲むとよい」と言う人がいますが、これは誤り! アルコールは尿酸値を上げる方向に働きます。

●アルコールのとりすぎは、痛風のもと
アルコールは、次のような理由で痛風の原因となります。
(1) お酒自体に尿酸が含まれています。
(2) アルコールは、肝臓でプリン体が作られるのを促進します。
(3) アルコールが体内で分解されるときに、アセトアルデヒドが作られ、これが尿酸の排泄を妨げます。
(4) アルコールの利尿作用で脱水を起こしやすくなり、尿酸値を上げます。
(5) アルコールは食欲を増進し、暴飲暴食のもととなって肥満につながります。

頻用漢方処方の特徴へ PAGETOPへ

問診カードへのご記入が面倒な方は下記のタイプ別漢方薬をご参考になさって下さい

全部があてはまる事はありません。一つか二つありますと、それが貴方様に適応します漢方薬です。

タイプ①の
漢方薬

浮腫、汗をかく傾向があり、喉が渇き、尿量が減少する場合に用いられます。浮腫、汗が出る傾向がある、尿が出難い方の次の諸症状:四肢関節の腫脹、疼痛、関節リウマチ、腎炎、ネフローゼ

 
PAGETOPへ

タイプ②の
漢方薬

胸が脹る、脇の違和感、便秘、上腹部痛、吐き気、嘔吐、食欲不振、肩こり、息切れ、頭痛、めまい、耳鳴り、肥満または筋肉質
 
PAGETOPへ

タイプ③の
漢方薬

胸が脹る、脇の違和感、便秘、上腹部痛、吐き気、嘔吐、食欲不振、肩こり、息切れ、頭痛、めまい、耳鳴り、肥満または筋肉質 

下腹部の痛みや圧痛抵抗、あるいは腫瘤、月経不順月経困難不正性器出血、下肢の冷え、静脈のうっ滞のぼせ、頭痛肩こり舌質は紫あるいは瘀斑、脈は渋あるいは細あるいは弦

PAGETOPへ
タイプ④の
漢方薬

胸が脹る、脇の違和感、便秘、上腹部痛、吐き気、嘔吐、食欲不振、肩こり、息切れ、頭痛、めまい、耳鳴り、肥満または筋肉質 

・下腹部の痛みや圧痛抵抗、あるいは腫瘤、月経不順、月経困難、不正性器出血、下肢の冷え、静脈のうっ滞、のぼせ、頭痛、肩こり、舌質は紫あるいは瘀斑、脈は渋あるいは細あるいは弦

PAGETOPへ
タイプ⑤の
漢方薬





胸が脹る、脇の違和感、便秘、上腹部痛、吐き気、嘔吐、食欲不振、肩こり、息切れ、頭痛、めまい、耳鳴り、肥満または筋肉質 

上衝、頭痛、めまい耳鳴、肩こりのぼせ、動悸腹動、煩熱興奮、不眠狂状~狂った状態~譫妄、下腹部の少腹急結、疼痛、膨満感、便秘、腰痛、口唇或は皮膚の局所的に鬱血があり暗赤色~暗紫色足が冷えて上にのぼせる興奮性の精神症状

PAGETOPへ
タイプ⑥の
漢方薬

元気がない、疲れやすい、息切れ、多汗、足の冷え、体が重い、尿量減少、体が重だるい、尿量減少、甚だしければ浮腫(湿盛)、舌質淡白、舌苔白、脈軟

PAGETOPへ

タイプ⑦の
漢方薬




肥満および肥満が関与する代謝異常、糖尿病、高血圧、動脈硬化(高脂血症)、痛風(高尿酸血症)、虚血性心疾患、脂肪肝・胆嚢疾患、膵炎、月経異常、不妊症、慢性腎炎、アトピー性皮膚炎など 

・下腹部の痛みや圧痛抵抗、あるいは腫瘤、月経不順、月経困難、不正性器出血、下肢の冷え、静脈のうっ滞、のぼせ、頭痛、肩こり、舌質は紫あるいは瘀斑、脈は渋あるいは細あるいは弦

PAGETOPへ

タイプ⑧の
漢方薬

肥満および肥満が関与する代謝異常、糖尿病、高血圧、動脈硬化(高脂血症)、痛風(高尿酸血症)、虚血性心疾患、脂肪肝・胆嚢疾患、膵炎、月経異常、不妊症、慢性腎炎、アトピー性皮膚炎など 

・血瘀の症候に、胸苦しい、腹が脹る、便秘、頭痛、のぼせ、不眠、不安

PAGETOPへ


メールでのご相談もお受けしております。

痛風 尿酸 プリン体 漢方薬 ツムラ

お電話でのご相談をお待ちいたしております。
日曜、祭日は定休日です。
電話:
0120-0955-84

痛風 尿酸 プリン体 漢方薬 ツムラ

FAXでも、ご相談をお受けてしております。
Fax:
072-984-0955

痛風 尿酸 プリン体 漢方薬 ツムラ

携帯でもご相談をお受けてしております
ソフトバンク携帯
080-3456-9393

  痛風のPAGETOPへ