うつ病の悩みを改善する漢方薬相談ページです。 大阪府東大阪市箱殿町シンバシ薬店

うつ病 パニック障害 うつ病性障害 漢方薬

うつ病・鬱病 店舗のご案内 ご相談の方法 宅配のご案内 よくあるご質問 個人情報保護

うつ病 パニック障害 うつ病性障害 漢方薬
メールでのご相談もお受けしております。

【瘀血と病気】 

 治りにくい慢性の疾患は瘀血と酸素不足と低体温が関係します。人間の細胞は血液が運ぶ酸素や栄養によって生き生きと保たれています。この大切な役割を担っている血液の流れが悪くなると、酸欠や栄養不足となり、内臓や脳まで酸素や栄養が行き届かなくなり、働きが低下していろいろな成人病を引き起こします。 

 体温が低くなると血管が収縮し、血行が悪くなって血圧は上昇傾向になります。また、脳梗塞や心筋梗塞などの血栓症や胆石、尿路結石などの「かたまり」を作る病気も発症しやすくなります。

まずは漢方薬で血液の粘りをとって酸素(スクアレン)と栄養を各細胞に補給しましょう。

「うつ病」などに最も多く見られる症状です。「うつ病」は「躁うつ病」の一種で、内因性の感情の憂愁や意欲の低下、あるいは激しい悲哀的情緒などによって精神的不安・悲観的気分・思考渋滞および活動不能に陥り、頭痛・頭重・不眠・食欲不振などの症状を訴え、一人で自分の部屋に閉じこもり、他人と会いたがらないと言った傾向を示します。 うつ病 パニック障害 うつ病性障害 漢方薬
漢方医学では、多くは肝臓のある種の機能失調が原因していると考えています。

肝にはその他の臓腑の機能を調節している部分がありますので、肝機能が正常に働きませんと、他の臓腑の働きにもその影響が及んで、多くの複雑な症状が現れるようになります。


中でも肝は脾胃(消化器系の働きのこと)の消化吸収の機能を助けていますので、肝が機能異常をきたしますと、食欲不振や下痢便秘などの胃腸症状も同時に現れるようになります。

メールでのご相談もお受けしております。

うつ病 パニック障害 うつ病性障害 東大阪

お電話でのご相談をお待ちいたしております。
日曜、祭日は定休日です。
電話:
0120-0955-84

うつ病 パニック障害 うつ病性障害 東大阪

FAXでも、ご相談をお受けてしております。
Fax:
072-984-0955

うつ病 パニック障害 うつ病性障害 東大阪

携帯でもご相談をお受けてしております
ソフトバンク携帯080-3456-9393

  うつ病のPAGETOPへ