夜尿症の悩みを改善する漢方薬相談ページです。 大阪府東大阪市下六万寺町シンバシ薬店

夜尿症 大人小人 治療原因 東大阪市

夜尿症 店舗のご案内 ご相談の方法 宅配のご案内 よくあるご質問 個人情報保護

夜尿症 大人小人 治療原因 東大阪市


夜尿症でお困りの方におすすめします。
肉、バター、魚、卵、乳製品、大豆、ピーナッツ、牛乳、レバー、チーズ、新鮮な緑黄色野菜、果物、内臓肉、無精製穀類、かぼちゃの種、ひまわりの種などです。  
原因となっているものを、簡単にまとめてみますと、体質的には、次のタイプが夜尿症にかかりやすいようです。また、生活のなかで夜尿症となる原因は次のようなものが多くあります。 夜尿症 大人小人 治療原因 東大阪市
夜尿症の弁証   頻用漢方処方の特徴へ

西洋医学的解説

【夜尿症とは】

 いわゆる「おねしょ」のことです。これは、乳幼児期には誰にでも見られる生理的な現象で、実際、34歳の子供の約半数に夜尿が見られます。

 通常は、56歳になると神経、内分泌系の機能や、膀胱の機能が整ってきて、自然に夜尿はなくなります。しかし、中にはそれらの機能の発達が遅れて、56歳を過ぎても夜尿が続く場合があります。

これを「夜尿症」といいます。

 夜尿症は56歳の子供の約20%に見られ、年々約1割ずつ減少する傾向にあります。夜尿症の患者が医療機関を受診するのは10歳ごろが最も多くなります。

頻用漢方処方の特徴へ PAGETOPへ

問診カードへのご記入が面倒な方は下記のタイプ別漢方薬をご参考になさって下さい

全部があてはまる事はありません。一つか二つありますと、それが貴方様に適応します漢方薬です。
.


タイプ①の
漢方薬

腎臓炎、皮膚病、ネフローゼ、心不全、脚気、関節リウマチ、眼疾患で充血、疼痛、びらんがあって、分泌物が多いもの

浮腫汗が出る傾向がある、尿が出難い方の次の諸症状四肢 関節の腫脹疼痛関節リウマチ、腎炎、ネフローゼ

PAGETOPへ
タイプ②の
漢方薬

体質虚弱で疲れやすく血色がすぐれず、ひきつるような腹痛(膀周囲の痙攣性疼痛が多い)があり温めたり押えると軽減する、動悸、腹痛、手足のほてり、冷え、頻尿で量が少ない、及び多尿、焦躁感、顔色につやがない、四肢がだるく痛む、咽や口の乾燥感、舌質が淡、舌苔が白、脈が弦細で緩
虚弱体質、疲労倦怠、神経質、慢性腸炎、夜尿症、失禁、失精、精力低下、夜泣き、顔色がさえない、不活発、やや疲れやすい、食が細いなど、汗をかきやすい自汗息ぎれ、喘息欲不振疲れやすい元気がないなどの虚の症候が顕著にみられる

PAGETOPへ

タイプ③の
漢方薬
熟睡して夜中に起きない、深い眠りに入っている時

PAGETOPへ
タイプ④の
漢方薬



PAGETOPへ
不安感、寝つけない、多夢、動悸、ふるえ、ふらつき、夢精、不眠、動悸、元気がない、食が細い、痺れ、顔色が悪い、やせ型、神経過敏、精神不安、精神神経症状、疲れやすい、寝汗、手足の冷え、不眠、陰萎、腹壁が薄く、腹直筋は軽く緊張、眼精疲労、子どもの夜泣き、夜尿症

PAGETOPへ
タイプ⑤の
漢方薬
下腹部の痛みや圧痛抵抗、あるいは腫瘤、月経不順、月経困難、不正性器出血、下肢の冷え、静脈のうっ滞、のぼせ、頭痛、肩こり、舌質は紫あるいは瘀斑、脈は渋あるいは細あるいは弦、一般的な血瘀に

PAGETOPへ
タイプ⑥の
漢方薬

腰や膝が重だるく力がない、知力減退、動作が緩慢、ふらつき、耳鳴り、下半身や四肢の冷え、寒がる、嗜眠傾向、インポテンツ、尿量が少なく頻回あるいは尿量過多、排尿に時間がかかる、排尿困難あるいは失禁、夜間多尿、遺尿、多痰、水様便、むくみ、舌質淡白で湿潤、苔白滑

PAGETOPへ

タイプ⑦の
漢方薬
口渇が強く、水分を欲する、或は水を飲むとすぐに吐く、尿量が少なく、吐き気、嘔吐、腹痛、頭痛、むくみなどのいずれかを伴う次ぎの諸證:水瀉性下痢、急性胃腸炎(しぶり腹のものには使用しない)、暑氣あたり、頭痛、発熱、舌苔白、脉浮、霍乱、突然の嘔吐、下痢、臍下の動悸、水様物の嘔吐、めまい

PAGETOPへ
タイプ⑧の
漢方薬
食欲不振、いらいら、怒りっぽい、胸脇部が脹って苦しい、不眠、腹痛、腹の冷え、腹部膨満感、口渇、舌質乾燥、舌苔は少、脈は沈弦細

PAGETOPへ
タイプ⑨の
漢方薬

PAGETOPへ
不眠、ゆううつ感、いらいら、目の充血、口苦、胸脇部脹滿、元気がない、疲れやすい、悪心、嘔吐、食欲不振

PAGETOPへ
タイプ⑩の
漢方薬
体質虚弱で疲れやすく血色がすぐれず、腹痛、動悸、手足のほてり、冷え、頻尿及び多尿などのいずれかを伴う次の諸症:虚弱体質、疲労倦怠、神経質、慢性腸炎、夜尿症、失禁、失精、精力低下、夜泣き

PAGETOPへ
タイプ⑪の
漢方薬

・体質虚弱で疲れやすく血色がすぐれず、腹痛、動悸、手足のほてり、冷え、頻尿及び多尿などのいずれかを伴う次の諸症:虚弱体質、疲労倦怠、神経質、慢性腸炎、夜尿症、失禁、失精、精力低下、夜泣き

・胸脇部が脹って苦しい(胸脇苦満)、胸脇部痛、口が苦い、悪心、嘔吐、咳嗽、咽のかわき、食欲がない、目がくらむ、舌質紅、舌苔薄白、脈は弦やや数

PAGETOPへ

タイプ⑫の
漢方薬

・体質虚弱で疲れやすく血色がすぐれず、腹痛、動悸、手足のほてり、冷え、頻尿及び多尿などのいずれかを伴う次の諸症:小児の虚弱体質、疲労倦怠、神経質、慢性腸炎、夜尿症、失禁、失精、精力低下、夜泣き 

思考力減退、めまい感、ふらつき、耳鳴、難聴、腰や膝がだるく力がない、夜間の口渇咽のかわき、尿が濃い、便がかたい、体の熱感、手のひらや足のうらのほてり寝あせ、遺精、早漏、性欲の仮亢進、舌質は紅~暗紅で乾燥、舌苔は少な

PAGETOPへ
タイプ⑬の
漢方薬

胸脇部が脹って苦しい(胸脇苦満)、胸脇部痛、口が苦い、悪心、嘔吐、咳嗽、咽のかわき、食欲がない、目がくらむ、舌質紅、舌苔薄白、脈は弦やや数

ときに腹痛があり,温めたり押えたりすると軽減する.臍周囲の痙攣性疼痛が多い・不活発・やや疲れやすい・食が細い・腹部膨満感などの症候(脾虚)

PAGETOPへ
タイプ⑭の
漢方薬


PAGETOPへ
浮腫(とくに下半身)、尿量減少、泥状~水様便、四肢が重だるい、冷え、寒け、口渇はない、めまい、疲れやすい、元気がない、高血圧症、心臓弁膜症、脳出血による運動・知覚まひ、ときに腹痛、腹水、胸水、舌質淡白胖大、舌苔は白滑、脈は沈遅で無力

PAGETOPへ
タイプ⑮の
漢方薬
はげしい口渇多飲(冷いものをこのむ)、つよい熱感、顔面紅潮発汗、多食、口臭、上腹部痛(食後に多い)、歯齦の腫脹疼痛、便秘、舌質紅乾燥、舌苔黄乾燥、脈は洪大で有力

PAGETOPへ
タイプ⑯の
漢方薬
感冒インフルエンザ気管支炎、急性腎炎どの初期で陽虚の表寒を呈するもの。クインケ浮腫、腎炎浮腫関節リウマチ神経痛腰痛症慢性気管支炎アレルギー性鼻炎寒証や湿を呈する

PAGETOPへ
タイプ⑰の
漢方薬


PAGETOPへ

腰から下が冷えて痛む、甚しければ水の中に坐っているような感じ、腰以下が重だるい、軽度の浮腫、よだれが多い、食欲は普通で口渇はなく尿量は多い、舌苔は滑、脈は沈

PAGETOPへ

タイプ⑱の
漢方薬

思考力減退、めまい感、ふらつき、耳鳴、難聴、腰や膝がだるく力がない、夜間の口渇、咽のかわき、尿が濃い、便がかたい、体の熱感、手のひらや足のうらのほてり、寝あせ、遺精、早漏、性欲の仮亢進、舌質は紅~暗紅で乾燥、舌苔は少ない

PAGETOPへ
        

タイプ⑲の
漢方薬

頭がボーッとする・頭がふらつく・思考力減退・めまい感・耳鳴・難聴・腰や膝がだるく力がない・口渇(とくに夜間)・咽のかわき・体の熱感・手のひらや足のうらのほてり・歯の動揺・寝汗

PAGETOPへ

メールでのご相談もお受けしております。

夜尿症 大人小人 治療原因 東大阪市

お電話でのご相談をお待ちいたしております。
日曜、祭日は定休日です。
電話:
0120-0955-84

夜尿症 大人小人 治療原因 東大阪市

FAXでも、ご相談をお受けてしております。
Fax:
072-984-0955

夜尿症 大人小人 治療原因 東大阪市

携帯でもご相談をお受けてしております
ソフトバンク携帯080-3456-9393

  夜尿症のPAGETOPへ