前立腺肥大症・尿閉・排尿困難・慢性膀胱炎・漢方薬・慢性病の原因は細胞の酸素不足とドロドロ・ねばねば血液が原因です。

前立腺肥大症 オランダビュ 尿閉 排尿困難 慢性膀胱炎


前立腺肥大症・尿閉・排尿困難・慢性膀胱炎・漢方薬・慢性病の原因は細胞の酸素不足とドロドロ・ねばねば血液が原因です。

前立腺肥大症 尿閉 排尿困難 慢性膀胱炎 店舗のご案内 ご相談の方法 宅配のご案内 よくあるご質問 個人情報保護

前立腺肥大症 オランダビュ 尿閉 排尿困難 慢性膀胱炎

【瘀血と病気】

 治りにくい慢性の疾患は瘀血が関係します。人間のからだは血液が運ぶ酸素や栄養によって生き生きと保たれています。この大切な役割を担っている血液の流れが悪くなると、酸欠や栄養不足となり、内臓や脳まで酸素や栄養が行き届かなくなり、働きが低下していろいろな成人病を引き起こします。 

  思考力も落ち、モノ忘れも多くなります。皮膚はつやがなくなり、シミやアザができるようになります。さらに、筋肉がこわばり、肩こりや筋肉痛の原因にもなります。瘀血がひどくなると、極端な場合、血管をふさぎ血の流れをとめて、狭心症や脳梗塞をもたらすこともあります。病気が長びくと血流が悪くなり、瘀血が瘀血を生じて、ますます回復が困難になります 

 検査データにはあらわれない病気になる前の段階、つまり「未病」の人には多くの場合、瘀血の傾向がみられます。漢方医学で「瘀血」の考えが重視されるのは、体の不調をいち早く見つけ出すための、貴重なてがかりとなるためです瘀血対策に通楽を。

いずれにしましても、漢方によってよく治る疾患であり、内服薬による治療という点では、漢方のほうが一歩リードしているといえよう。

ただし、排尿障害があまり長く続くと膀胱に非可逆性の異常を生じてくることがありますから、あまり治りのよくないものは漢方に固執せず、手術も考えるべきであります。治療期間は半年から
1年ほどみておく必要があります。

前立腺肥大症は高齢者にみられる内腺の肥大で、当初は小結節であるが、次第に増殖し、いわゆる肥大症に至ります。ただ、これが増生物か新生物かについては論議の分かれる面があるとされます。病因として、動脈硬化説、炎症説などがありましたが、内分泌異常説におち着いているようです。

症状は、前駆期の重圧感、不完全尿閉期の残尿感、完全に近づいた尿閉期の残尿増量→腎機能障害の併発などであります。


この時期には食思不振、胃腸障害もあらわれ、前立腺性消化不良などとも呼ばれます。その他、動脈硬化、心筋障害なども発症し、乏尿から無尿に近づくと、尿毒症性昏睡がはじまり、予後は不良となります。

治療は前立腺の縮小化と排尿の確保にあるといえます。


前立腺肥大症は前立腺がんとともに高年者の病気で、平均寿命ののびにつれてふえている病気です。前立腺の内部に腺腫が発生するために起こるもので前立腺自体の病気ではありません。

はじめにあらわれる症状は、まず頻尿です。ことに夜間排尿が増加します。そのうちに排尿困難の症状が出てきます

前立腺肥大症 がん 睾丸マッサージ 漢方薬 排尿困難には、尿が出始めるまでに時間がかかる場合と、尿線が細くて、尿が出終わるまでに時間がかかる場合とがありますが、前立腺肥大症のときは主として前者であります。

本病の主な自覚症状は残尿感・夜間頻尿・排尿困難などでありますが前立腺肥大の程度と自覚症状の程度は一致しません。

一方、飲酒や長期間の座位による骨盤うっ血や腰部の冷えなどが誘因となって急に悪化することがあります。

一方、飲酒や長期間の座位による骨盤内うっ血や腰部の冷えなどが誘因となって急に自覚症状が悪化することがあります。

これらは前立腺やその周囲の血液やリンパ液の停滞が原因と思われ、治療に用いられる漢方薬の中にはこれらを改善する作用を持つものも多くあります。

いずれにしましても、漢方によってよく治る疾患であり、内服薬による治療という点では、漢方のほうが一歩リードしているといえよう。

ただし、排尿障害があまり長く続くと膀胱に非可逆性の異常を生じてくることがありますから、あまり治りのよくないものは漢方に固執せず、手術も考えるべきであります。

症 状
第1病期
腺腫により尿道が刺激されるため、後部尿道や会陰部の不快感、重圧感を感じます。また頻尿(とくに夜間に何度もトイレに起きる)、尿が出る。

第2病期
排尿困難がひどくなるとともに、膀胱内の尿の一部が残るようになります。また、この時期に過度の飲酒や長時間の座業、冷えなどが誘因となって、尿が1滴も出ないという急性完全尿閉がおこることがあります。

このように残尿が発生するようになると、腎機能障害、尿路感染症がおこりやすくなります。 
PAGETOP
第3病期
残尿量が300~400ミリリットル以上となり、多くの場合、すでに腎機能障害を生じています。残尿がさらに増加すると、膀胱は大きく拡張し、尿がたえず少しずつ排泄されて失禁状態となり(奇異性尿失禁)、この状態を放置すると尿毒症になります。


メールでのご相談もお受けしております。

前立腺肥大症 オランダビュ 尿閉 排尿困難 慢性膀胱炎

お電話でのご相談をお待ちいたしております。
日曜、祭日は定休日です。
電話:
0120-0955-84

前立腺肥大症 オランダビュ 尿閉 排尿困難 慢性膀胱炎

FAXでも、ご相談をお受けてしております。
Fax:
072-984-0955

前立腺肥大症 オランダビュ 尿閉 排尿困難 慢性膀胱炎

携帯でもご相談をお受けてしております
ソフトバンク携帯080-3456-9393

 前立腺肥大症のPAGETOPへ